渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!!

  • 2016/8/27
  • 渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!! はコメントを受け付けていません。
南果歩 乳がん手術の詳細!ブログで明かされない手術内容とはどんなものだったのか?

渡瀬恒彦が胆のうがんを発表してから、ネットでは8月現在の病状に関することや、余命や胆のうがんのステージばかりが検索されている。

川島なお美の命を奪った胆管がんと近い場所にある、胆のうがん。

渡瀬恒彦も川島なお美のように、激やせしているのであろうか?

今回はマスコミで報じられている情報、そして関係者の証言を整理し、渡瀬恒彦の8月現在の病状を推測してみたいと思う。

そして、そこから考えられる、渡瀬恒彦の胆のうがんのステージと余命について考察をまとめてみた。

【渡瀬恒彦 8月現在の病状をマスコミの情報から判断】

渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!!

まずは、渡瀬恒彦の8月現在の病状を、週刊誌の報道や関係者の証言を参考に整理してみたいと思う。
ここでは分かりやすく、箇条書きでまとめてみた。

 

◆渡瀬恒彦は2015年の夏から秋にかけて体調不良を訴えていた。

◆体調不良は良くならず、都内の病院に入院し、その時の検査結果で胆のうがんが発見された。

◆半年ほど休養し、抗がん剤と放射線治療を受けていた。

◆2016年7月上旬の撮影中も発熱で撮影を中断!

◆撮影を中断し、急遽鹿児島のUMSオンコロジークリニックへ治療に行った。

 

・・・という感じである。

ドラマでは健康そうに見える、十津川警部こと渡瀬恒彦・・・。

ここから見える渡瀬恒彦は胆のうがんによる体調不良が蓄積されているように思える。

 

病気なんだから体調不良は当たり前!!と思われるかもしれないが、実はそれこそがこの病気の恐ろしいところなのである。

それでは、上記でまとめた渡瀬恒彦の8月現在の病状から、胆のうがんのステージを予想してみたいと思う。

 

 


スポンサーリンク




 

 

【渡瀬恒彦 8月現在の病状から判断する胆のうがんステージ】

渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!!2

胆のうがんをステージⅠ~ステージⅣで分類した場合・・・。

結論から言うと、渡瀬恒彦の胆のうがんはステージⅢ以上だと思っている。

 

胆のうがんの場合は、ステージごとに症状の特徴はないため、渡瀬恒彦の症状のみでステージを断定することはできない。

しかし、胆のうがんはステージ0期やステージⅠなど初期の場合、痛みなどの症状が出ないのである。

つまり、渡瀬恒彦が胆のうがんのステージⅠだった場合、彼自身胆のうがんに気づいていない・・・ということになる。

 

しかし、残念ながら報じられている情報は異なっている。

渡瀬恒彦の体調不良は誰から見ても一目瞭然で、撮影を中断してでも鹿児島に行ってUMSオンコロジークリニックでの治療を受けるほど、病状が悪化しているのである。

 

もうお分かりだろう??

渡瀬恒彦が闘病している胆のうがんは、痛みなどの症状が出ている時点で、かなりステージが進んでおり、確実に余命を縮めているのである。

胆のうがんは症状を見せず、症状が顔を出したときには、かなり悪化している・・・という、大変に恐ろしい病気なのである。

 

ちなみに、先ほども書いたが、胆のうがんのステージⅠの症状、ステージⅡの症状・・・と言った、ステージごとの症状の特徴はない。

ただ、渡瀬恒彦の体調が著しく悪いことから、ステージⅢくらいまで悪化しているのでは??という、私の直感である。

 

私の予想通り、渡瀬恒彦の胆のうがんがステージⅢ以上だった場合、統計で見る胆のうがんの5年後の生存率データは残酷な数値を示していた。

それでは、次に渡瀬恒彦の激やせの噂や、気になる余命について予想してみよう!!

 

 


スポンサーリンク




 

 

【渡瀬恒彦 8月現在の激やせはありえるのか?気になる余命は?】

 

一生懸命、闘病している人に対して、余命という言葉が失礼なのは百も承知している。

しかし、川島なお美の命を奪った胆管がんと似ている胆のうがんと闘っているだけに、『病は気から』というメンタルだけでは克服できない。

 

 

渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!!4

 

それでは、渡瀬恒彦の8月現在の病状として、激やせがありえるのか??まずはこれに関して書かせていただこう!!

結論から言って、8月現在!!渡瀬恒彦の激やせは始まっていると思う!

 

 

胆のうがんはある程度まで悪化した場合、以下のような症状を見せる!!

黄疸・食欲不振・体重減少・腹痛・みぞおちの痛み・発熱・・・である。

最後の発熱・・・という症状が引っかからないだろうか??

渡瀬恒彦は発熱で撮影を中断しているのである。

 

そしてもう一つ!!食欲不振と体重減少・・・。

ここで言う食欲不振と体重減少は夏バテとは同じではないことはご理解いただけるはず!!

渡瀬恒彦の激やせ・・・私の勘違いであればいいのだが・・・。

仮に予想が当たっていた場合、やはり渡瀬恒彦の胆のうがんのステージは進んでいる可能性が高くなってしまうのである。

 

 

最後に、胆のうがんの5年後の生存率をご覧いただこう。

はっきり言って、他のがんより生存率は極めて低く、言葉を変えれば余命が短いことを表ししている。

胆のうがんの場合、がんを切除した場合と切除しない場合で、5年後の生存率が異なる・・・とデータで出ている。

 

ここでは、がんを切除した前提の生存率を明記する。

渡瀬恒彦 8月現在の病状は激やせで余命も短い!?という噂が浮上!胆のうがんの各ステージと余命から見える病気の怖さに迫る!!9

胆のうがんの手術に成功した前提での5年後の生存率である。

胆のうがんステージⅠ:切除後5年生存率 90%以上
胆のうがんステージⅡ:切除後5年生存率 35~45%
胆のうがんステージⅢ:切除後5年生存率 15~20%
胆のうがんステージⅣ:切除後5年生存率 5~7%

 

いかがであろうか?

ステージⅣともなると、もはや生存率とは言えない数字になる。

 

個人的には、渡瀬恒彦の胆のうがんはステージⅢ以上だと思う・・・と書いた。

しかし、それは彼の余命が短いということにもつながっている。

 

 

渡瀬恒彦の胆のうがんのステージに関するコメントは本人や関係者から発表はされていない。

発表した瞬間に、ネットで余命を検索され、悪い噂が流れることを避けるための配慮だと思われる。

できれば、私の勘が外れていることを望んでいる。

是非、外れていてほしい・・・。

 

今後も渡瀬恒彦の病状の最新情報が分かり次第、追記したいと思う!!

 


スポンサーリンク




コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 ハワイで11月も目撃されてないのに、自らブログに掲載する疑問・・・

    市川海老蔵 ハワイのホテル2軒目の名前と場所特定!移動した島はマウイだった!

  2. 小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

    小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

  3. はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

    西郷輝彦 余命とステージに注目が集まる前立腺がん再発について!

ページ上部へ戻る