小林麻央 ブログ更新するも、まだない手術の報告!果たして小林麻央は抗がん剤と低侵襲治療のみなのであろうか!?

小林麻央がブログを更新するたびに、多くの人が読み、そして「いいね」を押している。
毎日のように更新される小林麻央のブログの中で、しこりなど、乳がんの症状に関しての文面が入り始めてきた。

しかし、小林麻央がブログを更新しても、まだない!!のである。
それは、小林麻央の手術に関する報告!

今回は、最近の小林麻央のブログKOKOROの更新の内容から、彼女が手術を行ったのか?手術はまだないのか?推測してみたいとおもう!

《小林麻央 ブログ更新で感じる予想!手術の実施は、まだないのか?》

 

いきなり本題から入らせていただく。
個人的には、手術の完了に関しては「手術終了!」と「手術はまだない」の半々だと思っている。
つまり、結論は出せなかった。

 

しかし、どちらに関しても確信ではなく、あくまでも予想・・・。
小林麻央のブログをチェックしていると、手術をしたかのような部分も感じれば、手術はまだない・・・と思ってしまう箇所もある。
だが、やはり小林麻央のブログを読めば読むほど、手術はまだない・・・と思ってしまうときが多いのである。

 

なぜ、私が手術にこだわるのか?
話は数ヶ月前に戻るが、市川海老蔵の会見を思い出してほしい。

小林麻央 ブログ更新するも、まだない手術の報告!果たして小林麻央は抗がん剤と低侵襲治療のみなのであろうか!?6
あの時彼は、抗がん剤で様子を見ながら、手術をする準備をしているといった。

 

そして、もう一つ残酷な事実がある。
乳がんの場合、ステージ0でもない限り、乳がんを切除(つまり手術)しない限りは、感知しないと思われる。
かなり厳しいコメントになってしまうが、そもそも手術しても100%治るわけではない!

 

乳がんに限らず、がんとはそういうもの・・・。
ほとんどの癌は完治するには、手術が必要なのである。

 

ましてや、小林麻央の場合は会見をした当時は手術ができない状態だった。
乳がん発覚時は手術が可能だったという噂もあるが、どちらにせよ、公になったときは手術が不可能なほど、がんが転移していたのである。

 

だから、小林麻央が元気に回復して、乳がんを撃退する可能性があるとしたら、はっきり言って手術しかない!
部分摘出でも、全摘出でも方法はとにかく、手術しか方法はないのである。
だから、私は小林麻央の今後を考えるにあたり、手術に関してこだわっているのである。

 

しかし、小林麻央のブログKOKOROの更新を欠かさず見れば見るほど、まだ小林麻央には、手術の実施がまだないように思えて仕方ない。
次に、私がそう感じた理由について、述べたいと思う。

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 ブログKOKOROの更新でも、「まだない!」と思う手術!その理由とは?》

 

理由は以下の通り・・・。
分かりやすく、箇条書きにさせていただこうと思う。

 

①最近の画像(ニット帽)の画像に眉毛がない。

小林麻央 ブログ更新するも、まだない手術の報告!果たして小林麻央は抗がん剤と低侵襲治療のみなのであろうか!?

②小林麻耶とのツーショットにも、眉毛がない。

小林麻央 ブログ更新するも、まだない手術の報告!果たして小林麻央は抗がん剤と低侵襲治療のみなのであろうか!?2
③散歩をして歩く努力をする記事で、息切れがする旨を書いている。

④ブログ記事の中で、まだ手術に関する明記がない。

⑤ニット帽の画像で目のクマが目立つ

 

・・・という感じである。

まず、①②に関してだが、抗がん剤で髪の毛や眉毛がなくなるのは、容易に想像がつくと思う。
眉毛がないなら書けば??と男性は思ってしまうかもしれないが、女性が眉毛をかけるのは、ある程度の毛が残っているからこそ書けるもの。
つまり、抗がん剤で完全に抜け切ってしまうと、眉毛のラインすら描けず、どのように書いていいかも分からない・・・と専門家は話していた。

 

それに、小林麻央は現在も病院にいる時間が長いと思われ、病院内でメイク・・・というのもおかしな話である。
よって、現在も小林麻央は眉毛がないと思われ、そのことから抗がん剤投与を続けていると思われる。

 

③⑤に関しても、抗がん剤の副作用と見て、間違いないであろう。
眼の下は皮膚が薄いため、血液の色が透けて見えやすい箇所でもある。
午前中は酸素の多い血液が透けるので赤みがかって見えるが、時間が経過して夕方になると、酸素が少なくなるため少し黒っぽく見える。

 

まあ、難しいウンチクはおいておいて、これらも現在も抗がん剤を使用している予想につながる。
抗がん剤を現在も使用している⇒手術はまだない・・・と思ってしまうのである。

 


スポンサーリンク




 

小林麻央 ブログKOKOROの中で、手術成功の可能性は全く感じないのか?》

 

全くないわけではない!

そもそも、一体全体、抗がん剤使用=手術はしていない!ということにつながるであろうか?
実はそんなことはないのである。

 

現に、私の親族も全摘出手術の後に、地獄の抗がん剤投与が半年間待っていた。
よって、小林麻央が手術をして、その後抗がん剤を投与している・・・という可能性も無くはないのである。

 

しかし、やはり市川海老蔵の会見を思い出すと、その可能性は少ないのではないだろうか?

小林麻央 ブログ更新するも、まだない手術の報告!果たして小林麻央は抗がん剤と低侵襲治療のみなのであろうか!?4
小林麻央の場合は、抗がん剤でがん細胞を小さく、弱くしてから手術する!と発表があった。
現在も抗がん剤を引き続き使用しているということは、いまだに手術ができない状態であるという可能性も浮上してくる。

 

抗がん剤と一言で言っても、がん細胞を小さくするものもあれば、がん細胞の増加を防ぐものもあるはず。
当然、乳がんの手術前の抗がん剤もあれば、手術後に投与する抗がん剤もある。

 

だから、小林麻央が抗がん剤と現在も投与していることが判明したとしても、手術もまだ行っていないことには、確かにつながらない。
しかし、小林麻央は手術をするために、抗がん剤を投与していることを正式に発表しているのである。
どうしても、そういう風に思ってしまうのは仕方ないことなのである。

 

毎日のように、更新される中で、乳がんとの闘いを綴っている小林麻央のブログKOKORO。
今後、いつの日か手術に挑み、成功している・・・という記事を見たいものである。

 

手術をしたか、まだしていないか?によって、小林麻央のおおよその病状は分かってしまうことになる。
小林麻央の手術が行われていることを期待したいと思う!!


スポンサーリンク




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 中村獅童 肺がんステージや生存率に集まる注目!手術をして完治してほしいと願う!!
  2. 小林麻央 ブログ KOKORO「隠し撮り」で小林麻耶が見ていたものを予想!足のむくみの原因も調べてみました!223
  3. 小林麻央 ブログ kokoro 最新記事は5月になって文字数が増え、内容に変化が見られる・・・そんな気がする。33
  4. 小林麻央 ブログ KOKORO「月丘夢路 様」で料理教室「エミーズ」を紹介!早くも料金の検索急増と入会希望殺到の予感!!
  5. 小林麻央 余命の最新情報に5月の霊視結果『叔父の霊』が浮上!天瀬ひみか の病室の霊視の結果はとても悲しいものに思えた。

ピックアップ記事

  1. 2017-5-26

    小林麻央 ブログ KOKORO 顎 の内容は壮絶な病状悪化を示していた!掲載された顔写真の目元が黒いことが切なかった・・・。

    小林麻央さんがブログ KOKOROの限定記事「顎」を今日5月26日に更新しました。 アメンバー…
  2. 中村獅童 肺腺癌はタバコ喫煙だけでなく女性ホルモンにも関係していた!手術に挑む肺腺癌の原因に迫る!!

    2017-5-19

    中村獅童 肺腺癌はタバコ喫煙だけでなく女性ホルモンにも関係していた!手術に挑む肺腺癌の原因に迫る!!

    中村獅童さんが肺腺癌を患っていることが判明し、手術に挑むという衝撃の事実を発表してから1日が経ちまし…
  3. 小林麻央 ブログ kokoro 最新5月「白湯」での胃痛の原因は本当に胃や腸への転移なのか?!

    2017-5-19

    小林麻央 ブログ kokoro 最新5月「白湯」での胃痛の原因は本当に胃や腸への転移なのか?!

    小林麻央さんが5月の最新のブログ KOKORO「白湯」を更新し、何かを口にするときに白湯で胃を温める…
  4. 天瀬ひみか 小林麻央の余命に関する予言の信憑性はどうなのか?5月14日の母の日を迎える今、不安が急増している!

    2017-5-13

    天瀬ひみか 小林麻央の余命に関する予言の信憑性はどうなのか?5月14日の母の日を迎える今、不安が急増している!

    天瀬ひみか さんが小林麻央さんの余命らしきことを予言しているのは有名な話で、信憑性が高いという噂もあ…
  5. 麻倉未稀 乳がんステージは何なのか?!乳がんステージ概要と比較し、予想してみる!

    2017-5-9

    小林麻央 播種性血管内凝固症候群(DIC)の病名が浮上!輸血や息苦しさの説明がこれでつく!果たして改善されたのか?

    小林麻央さんに関して、新しい情報が入ったようです。 それは播種性血管内凝固症候群(DIC)とい…
ページ上部へ戻る