島田洋七の愛弟子の末期がん(乳がん)が爆報!THEフライデーで特集!小林麻央を襲い続ける乳がんの原因は何なのか!?

  • 2016/9/23
  • 島田洋七の愛弟子の末期がん(乳がん)が爆報!THEフライデーで特集!小林麻央を襲い続ける乳がんの原因は何なのか!? はコメントを受け付けていません。
藤村俊二 現在 亡くなることで若い頃の伝説が蘇っている!多くの人に愛された俳優を惜しむ声が後を絶たない!!

島田洋七の愛弟子 朝倉美沙が末期の乳がんであることを、涙ながらに爆報!THEフライデーで告白する!

小林麻央や南果歩、北斗晶に生稲晃子と・・・女性芸能人が続々と告白している乳がん!

今回は島田洋七の愛弟子 朝倉美沙が、進行の早い末期がんを告白をしている。

この世から乳がんがなくなることは無いのだろうか?

今回は、島田洋七の愛弟子が、そして小林麻央が現在も闘病中の乳がんの原因について、真剣に向かい合ってみた!

《朝倉美沙や小林麻央が闘っている乳がんには大きく分けて二つある》

 

乳がんの原因に入る前に、まずは乳がんの種類を説明させていただこう!

乳がんには、大きく分けて二つある!
非浸潤がんと浸潤がんという二つに分類され、どちらに該当するかによって、治療に対する考え方が異なる。

 

≪非浸潤がん≫

非浸潤がんは、感じで想像できるかもしれないが、簡単に言うと・・・乳がんが発生した場所にとどまっていてくれる癌で、転移を起こさないもである。
乳がんに限らず、がんで一番怖いのは他の臓器への転移(ステージⅣ)。
しかし残念ながら、非浸潤がんの割合は、乳がん全体でみると1~2割と少ない・・・。

なお、非浸潤がんの治療方法は主に手術である。
基本的には、切除でがんは完治するが、新たな乳がんが発生する可能性もあるため、術後に放射線治療やホルモン治療が行われる場合もある。

 

≪浸潤がん≫

字の感じから、意味はご理解いただけると思う。
そう、簡単にいうと転移する乳がんで、非浸潤がんよりタチが悪い!

まさに島田洋七の愛弟子や、小林麻央が闘っている乳がんであり、リンパ節から転移していく恐ろしいがんである。

転移が広がった場合、それはすでに乳がんではなくなっており、他の部位のがんになっているのである。

 

以上、2つの乳がんをご理解いただけたであろうか?

次に、気になる・・・乳がんになる原因について、追求してみたいと思う!

 

 


スポンサーリンク




《島田洋七の愛弟子 朝倉美沙が闘う、乳がんの原因は主にエストロゲン》

 

エストロゲン・・・聞いたことがあるだろうか?
エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、これこそが乳がんと強く関係していると言われている。

エストロゲンは乳腺組織を刺激し、細胞の増殖を促すと言われている。
しかし、その細胞の増殖は遺伝子が傷つく原因となってしまい、遺伝子が変異することで・・・がん発症へと関係してくるのである。

 

つまり、この聞きなれない、エストロゲンが常に乳がんの原因に強く関係しているようなのだ!
それでは、いくつか乳がんの原因と言われているものをご紹介しよう!!

 

①閉経が遅い女性は乳がんになりやすい・・・と言われている。
実際に、閉経年齢が49歳以下の女性と比較して50歳以上で閉経を迎えた女性は約2%乳癌になりやすいという統計データも出ており、理由としては閉経が遅くなると、エストロゲンの影響を受けやすいため・・・と言われている。

 

②妊娠をしていない女性は乳がんになりやすい・・・と言われている。

女性が妊娠をすると、プロゲステロンというホルモンが優位な状態となるため、エストロゲンの影響が少なくなる。
一方、妊娠の経験がない女性の場合、エストロゲンの作用を受ける期間が長くなってしまうため、乳がんになりやすい!!と言われているのである。

 

③授乳歴がないと乳がんになりやすい・・・と言われている。
女性が妊娠している場合、エストロゲンが胎盤から血液中に分泌されている。
そして、出産のときに胎盤が娩出するとともにそのエストロゲンは血中から消失し、そのおかげで母乳の分泌がおこりやすくなるのである。

つまり!!妊娠と同様・・・授乳歴がない女性は、乳癌のリスクが高くなると考えられているのである。
ちなみに、授乳歴がない人は、ある人に比べて乳がんの発生率が2.5~3倍高い!!と言われている。

 

・・・いかがだろうか?

今回は乳がんになりやすい原因として、エストロゲンという女性ホルモンが関係していること、そしてそのエストロゲンが妊娠や出産、そして授乳に関係していることがご理解いただけたと思う。

 

なお、他にも初産年齢が高い女性は、乳がんになりやすいと言われているし、食生活が欧米化して、動物性脂肪の多い食品や高カロリーの食事が増えていることも、乳がんの発生に関係していると言われている。

乳がんの発生原因は、他にもまだまだあり、アルコールの以上摂取や喫煙やストレス・・・現代社会の日本人が抱えている多くの事柄が乳がんの発生に関係していると言われているのである。

 

それでは、一体全体どうすれば、乳がんを予防できるのだろうか?

 

 


スポンサーリンク




《朝倉美沙や小林麻央のように、乳がんにならないための予防!》

 

乳がんを含め、がんには遺伝も強く関係していると言われており、残念ながら完全な予防策はない。

遺伝性乳がんを疑う場合は、保険が適用外で高額だが、遺伝子検査をすることによって判明することができる。

 

素人が自分でできる乳がんの予防は、他の病気と重なるところがある。

まずは、ストレスを溜めないようにし、適度な運動を心がける!
欧米化が進んでいる食生活に、あえて逆らい大豆食品や穀物、魚介や果物、そして野菜といった、日本料理を選択することも大きな予防策と言われている。

たばこはなるべく禁煙し、飲酒も適度に・・・。

こんな風に書くと、何も楽しみがなくなるじゃないか!!と叱られそうだが、まさに現代に蔓延している、その不規則な生活こそが乳がんのみならず、様々な病気を引き起こすのである。

 

乳がんにならないための予防策としては、日本食で野菜な穀物などをしっかりと食べ、カロリーが高い欧米のものはなるべく取らず!!適度に運動して、禁煙禁酒に努める・・・という感じである。

さすがに100点満点の予防は難しいと思うので、まずはできる範囲で行ってみるのはいかがだろうか?

 

そして、乳がんで苦しまないための、最高の予防策はもう一つある!
それは乳がんの定期的な健診の受診である。

 

乳がんは早期発見であれば、がんの中では完治する確立は高く、当然生存率も高い!
よって、定期的な乳がん検診を強くオススメする。

 

・・・ということで、今回は島田洋七の愛弟子 朝倉美沙や小林麻央が現在も闘っている乳がんについて、概要と原因についてクローズアップしてみた。
乳がんと言えども、ならないための予防策は他の病気とそんなに変わらないのである。

 

全国から一人でも、乳がん患者が減ることを心から願っている・・・。

 


スポンサーリンク




コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 黒木奈々と小林麻央の共通点は上智大学の同級生以外にもたくさんあった・・・。
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 市川海老蔵 海外旅行はどこ?場所と理由が判明!?小林麻耶も一緒だけど、でもホテルだけは・・・

    市川海老蔵 海外旅行の場所がどこか判明!小林麻耶も一緒だけど、でもホテル名だけは・・・

  2. 麻央基金とは?概要と寄附の方法について予想!小林麻央の想いを実現してあげてほしい!

    麻央基金とは?概要と寄附の方法について予想!小林麻央の想いを実現してあげてほしい!

  3. 矢野麗華 顔画像を発見!森繁和監督の娘は笑顔が素敵な女性だった・・・

    矢野麗華 顔画像を発見!森繁和監督の娘は笑顔が素敵な女性だった・・・

ページ上部へ戻る