レオンラッセル 死因は心臓発作か?代表曲song for Youを聴けなくなり、音楽界に悲しみが広がる!また貴重な人材を一人失ってしまった!

  • 2016/11/14
  • レオンラッセル 死因は心臓発作か?代表曲song for Youを聴けなくなり、音楽界に悲しみが広がる!また貴重な人材を一人失ってしまった! はコメントを受け付けていません。
池田貴族 娘が子供の時に癌で死別!彼が闘った癌との壮絶な闘いを振り返る!

レオンラッセルが死亡し、死因は不明と発表されています。

今回はレオンラッセルの死因と、彼が多くの人に愛された代表曲song for Youについて注目してしまいました。

気になるレオンラッセルの死因・・・、未公表なのでしょうか?未確認なのでしょうか?


スポンサーリンク




◆レオンラッセル 死因は心臓発作か?

レオンラッセル 死因は心臓発作か?代表曲song for Youを聴けなくなり、音楽界に悲しみが広がる!また貴重な人材を一人失ってしまった!2

まずは結論からですが、彼の奥様や関係者が発表しない限り、レオンラッセルの死因は不明です。

それは、家族の意思で非公表なのか?医師も判断できず、未確認なのかは分かりませんが、いずれにせよ、彼の死因に関する正確な答えは出ていないのです。

 

なお、分かっていることとして、レオンラッセルは2016年7月に心臓発作を起こし、心臓バイパス手術を受けて経過は良好との話がありました。

そこで心臓バイパス手術は死亡する可能性が高いのか??と思ってしまいますが、70代の男性でも10年くらいは生きると言われており、それが原因ではないように思えます。

もう一つ!!心臓バイパス手術は、現代の最先端の医学でバイパスとカテーテルを使っているので、レオンラッセルが相当過激な運動をしない限りは、心臓発作は再発しない・・・とまで言われているのです。

しかし、レオンラッセルは就寝中にベッドで死亡しているため、過激な運動はあり得ないのです。

 

もしかしたら、合併症かもしれません・・・。

というのも、心臓発作が起こった患者には合併症が起こると言われており、心筋破裂、心室瘤、血栓、心不全、血圧の低下、不整脈などが挙げられています。

 

私は医学に関しては素人ですが、なんとなく心不全なのか・・・と思ってしまいました。

心筋梗塞に関しても、バイパス手術は動脈硬化を起こしにくい血管を医師が選んで行うため、もしかしたら??と思いましたが、バイパス手術をした場合の再発の可能性は5年で3%以下と非常に低いため、それもないような気がします。

 

果たして、レオンラッセルの死因は何だったのでしょうか?

今はただ、彼が苦しむことなく、天国に行ったことを望むばかりです。


スポンサーリンク





 

◆レオンラッセル 代表曲のsong for Youよ永遠に!!

レオンラッセル 死因は心臓発作か?代表曲song for Youを聴けなくなり、音楽界に悲しみが広がる!また貴重な人材を一人失ってしまった!3

私は音楽が好きでも、専門家ではありません。

レオンラッセルの代表曲song for Youを批評する立場にありませんが、なんとなく聴いていて落ち着く気がしました。

こんな表現は下手かもしれませんが、映画のワンシーンで聞くように、自然に曲に吸い込まれていくようでした。

 

これほどの代表曲song for Youを世に残したレオンラッセルは本当にすごいと思います。

今日当たり、ラジオや有線で彼の名曲が世界で流れているのではないでしょうか?

 

song for Youを歌い、多くの人に夢と感動を与え続けたレオンラッセルのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。


スポンサーリンク





 

コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 黒木奈々と小林麻央の共通点は上智大学の同級生以外にもたくさんあった・・・。
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 遠藤賢司 がん闘病をブログで告白するも、癌の場所やステージは意図せず!隠す理由は何かあるのか?

    高山善廣 回転エビ固め 失敗の理由!頸髄完全損傷になった原因を考えてみた!

  2. 安室奈美恵 引退理由が病気ではなく、息子のためであることを願う・・・

    市川海老蔵 再婚相手は麻耶がいいに決まってるのか?姉との再婚について、今一度真剣に考えてみた!

  3. 市川海老蔵 河北麻友子との不倫や浮気の噂が浮上の理由!今回ばかりはヒドイと思った!

ページ上部へ戻る