イルカ(歌手)の夫 神部和夫の難病はパーキンソン病!予防不可能と言われた神経変性疾患に新たな予防法の可能性が浮上!

イルカ(歌手)の夫 神部和夫の難病はパーキンソン病!予防不可能と言われた神経変性疾患に新たな予防法の可能性が浮上!

イルカ(歌手)の夫 神部和夫さんがパーキンソン病を患い、家族で闘ってきた壮絶なエピソードが「爆報!THEフライデー」で報じられます。
イルカ(歌手)の夫 神部和夫さんは2007年にすでに他界されていますが、彼が亡き今も、パーキンソン病に対する怖さは何も変わっていません。

そんな中、予防が不可能と言われていた神経変性疾患のパーキンソン病に、新たな予防策が浮上してきているのです。

今回は、イルカ(歌手)の夫 神部和夫さんの死因となってしまったパーキンソン病について、新たに浮上した原因と、研究が続けられている予防策についてクローズアップしてみました。


スポンサーリンク




●イルカ(歌手)夫の神部和夫が闘ったパーキンソン病

イルカ(歌手)の夫 神部和夫の難病はパーキンソン病!予防不可能と言われた神経変性疾患に新たな予防法の可能性が浮上!7

同じシュリークスでグループ活動行ってきた、神部和夫さんと神部としえさん(イルカ)。

二人は音楽を通じて恋に落ち、結婚して子宝にも恵まれました。

イルカ(歌手)はそろ活動でも「なごり雪」で伝説的なヒットを作り、今もなお名曲をして歌われています。

そんな仲のいい夫婦から、普通の生活を奪ったのは、パーキンソン病でした。

聞いたことがある・・・という人が多いと思いますが、あの有名なボクサーのモハメドアリさんなどが患った神経変性疾患です。

 

パーキンソン病の症状としては、睡眠障害や便秘などの症状からはじまり、片側の手足の震えが反対側にもおこります。

そして最終的には、表情から正気が消えた感じになり無表情になり、話をしても声に抑揚の無く棒読み状態になります。

かろうじて歩くことはできますが、立ち姿が前屈みになり、歩いても小刻みが精一杯になるのです。

モハメドアリさんがアントニオ猪木さんの引退セレモニーで応援にかけつけた時の姿が衝撃的で、今でもよく覚えています。

パーキンソン病・・・世界一と言われたボクサーでさえなってしまう、そんな恐ろしい病気なのです。


スポンサーリンク





 

●イルカ(歌手)夫の神部和夫を襲ったパーキンソン病の原因とは??

イルカ(歌手)の夫 神部和夫の難病はパーキンソン病!予防不可能と言われた神経変性疾患に新たな予防法の可能性が浮上!

ここからは少し難しい話になってしまいますが、どうぞ最後までお読みいただけると幸いです。

以前、パーキンソン病は、脳にある中脳の「黒質」でドーパミン神経細胞が減少し、神経伝達物質ドーパミンの分泌が減って症状が出てくるものだと思われていました。

 

「脳だけの病気」だと言われてきたパーキンソン病ですが、研究が進むにつれて新たな疑問が浮上したのです。

脳の前頭葉の神経細胞の減少で発症するアルツハイマー病は、その神経細胞の減少によって前頭葉が萎縮します。

しかし、パーキンソン病の場合は、ドーパミン神経細胞が減少しても、黒質のある中脳は萎縮しません。

その時からパーキンソン病は、脳だけの病気・・・という考え方から、全身性疾患として見られるようになったのです。

 

ちなみに、以前からパーキンソン病の症状緩和の方法として、ドーパミンの補充や分泌促進のための薬の服用は行われてきました。

それによって、手足の震えなどの運動症状には効果は出ていたのですが、便秘などの効果に関しては出なかったんですね。

手足の震えに比べれば便秘ぐらい・・・と思ってしまいますが、当事者からすれば、便秘も大変につらいものなのです。

 

そんな中、更に研究を続けていく中で、かつてのパーキンソン病の原因と言われていた、中脳の「黒質」でのドーパミン神経細胞が減少以外にも原因が浮上してきたのでした。

パーキンソン病の原因として、原因として新たに浮上したのはα―シヌクレインというタンパクだったのです。

 

●パーキンソン病の予防法は完成するか?

イルカ(歌手)の夫 神部和夫の難病はパーキンソン病!予防不可能と言われた神経変性疾患に新たな予防法の可能性が浮上!

パーキンソン病はずっと、予防が不可能な難病と言われて続けて、今まで来ました。

パーキンソン病で苦しむ人は10万人とも言われており、いまだに闘っている人が多い、本当につらい病気なのです。

治療はできるものの、先述したように、根本的な治療は行えておらず、症状の緩和が精一杯・・・。

そんな今だからこそ、パーキンソン病の予防策が重要なのです。

 

先ほど出てきた、α―シヌクレインというタンパク。
パーキンソン病の原因と言われてきたドーパミン神経細胞の減少とα―シヌクレインの異常な蓄積に強い関係性原因ではないか??という見解が浮上しているためです。

現在はまだ研究中とのことですが、いつかα―シヌクレインを撃退するワクチンが開発されれば、不可能と言われたパーキンソン病の予防が完成するかもしれません。

医学は進歩しています。
イルカ(歌手)の夫 神部和夫さんのように苦しむ人を一人でも減らせるよう、パーキンソン病の予防方法が確立する日がくることを、願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク




オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 高橋メアリージュン 病気の子宮頸がん、潰瘍性大腸炎はまさに大病だった!

    高橋メアリージュン 子宮頸がんステージや余命は厳しいのか?

  2. 平手友梨奈 怪我した上腕三頭筋の場所と、怪我の原因は・・・

    市川海老蔵に、ござりまする ハワイのシーンで見た確信の1枚!

  3. 小林麻央 死去の時間19時は『おかしい』という噂に対して・・・

    小林麻央 死去の時間19時は『おかしい』という噂に対して・・・

ページ上部へ戻る