島木譲二 現在 病気の病名が検索され、過去の病歴も明らかに!もう二度と聞けないギャグを惜しむ声が全国で浮上!

小林麻央 余命1月の可能性濃厚か?!余命1月が生まれた背景と濃厚の根拠をブログ KOKOROの文面と画像から分析!1000

島木譲二さんが病気で死去し、現在はその病気の病名が検索され続けています。

島木譲二さんの死因、つまる病気の病名は脳溢血ですが、フリガナがないと、漢字を読むのすら難しい病気なのです。

今回は、現在検索が急増している、島木譲二さんの死因の病名、脳溢血について注目してみました。

そして、その病気の陰には、もう一つの病気が見え隠れしていたのです。

◆島木譲二 現在は病気の病名が検索されている!

島木譲二 現在 病気の病名が検索され、過去の病歴も明らかに!もう二度と聞けないギャグを惜しむ声が全国で浮上!2

先述しましたが、島木譲二さんの死因となった病名は脳溢血であり、「のういっけつ」と読みます。

フリガナを付けられると、なるほど・・・と思うかもしれませんが、漢字で書かれると、一度見て書くことすら難しい字なので、読めない方も意外と多いのではないでしょうか?

 

さて、島木譲二さんの病気の病名に話を戻しますが、彼の死因となった脳溢血・・・。

どのような病気なのかを説明させていただきますが、似たような言葉のオンパレード!!

脳溢血は脳に起こる病気の、脳卒中の中の一つに該当します。

脳卒中という病気は聞いたことがあるとは思いますが、脳卒中の中に、脳梗塞や脳血栓、そして脳溢血があるのです。

 

ちなみに、せっかくなので解説すると、以下の通りになります。

①脳梗塞とは、脳内の血管が動脈硬化などで塞がってしまう病気を意味します。

生活習慣病が増えた現在、脳梗塞で命を落とす人が多いので、日常会話でもよく聞く病気となりました。
②次に脳血栓ですが、脳の動脈に血液の固まりが出来て栓をしたように詰まってしまう病気を意味します。

 

③そして、最後に今回 島木譲二さんの死因となった脳溢血は脳組織内に出血を起こすものをいい、別名脳出血とも言われています。

脳溢血には脳内出血、くも膜下出血などがあり、くも膜下出血も良く聞く病名ではないでしょうか?

 

せっかくなので、もう少し解説!!

ここで出てきた脳内出血とくも膜下出血の違いですが、脳出血が脳に栄養を送っている血管が破れて、そこから脳の中に出血するものを言うのに対し、くも膜下出血は脳の中ではなく、脳の表面の血管が破け、くも膜と脳の間のすき間に血液が出てしまうこと意味しているのです。

脳の中で起こっているのは同じなのですが、複雑な脳のどの場所で起こるかによって、すべて病名が異なるんですね。

・・・という感じで、似たような言葉がたくさん出てしまいましたが、これらの脳血管の急激な循環障害を起こす症状の全てを、総称して脳卒中と言うのです。


スポンサーリンク





 

◆島木譲二 現在の病気の前に患った病名が検索されている!

島木譲二 現在 病気の病名が検索され、過去の病歴も明らかに!もう二度と聞けないギャグを惜しむ声が全国で浮上!3

現在の病気の前??と思われたかもしれませんが、島木譲二さんの場合、直接の死因は脳溢血であっても、その原因となったのは他の病気ではないか??と言われているのです。

答えから言ってしまうのと、慢性腎臓病・・・。

 

慢性腎臓病とは1100万人が患っていると報告されており、腎臓の機能が通常の人に比べて60%低下した時に診断されます。

腎臓の機能??と思われるかもしれませんが、機能が低下すると、身体の怠さや疲れ、尿に異常が出たり、手や足などにむくみが生じるといった症状が出てきます。

これで済めばいいのですが、最終的には老廃物が排泄できないため、それが原因で脳卒中や心筋梗塞などの病気になりやすい体になると言われているのです。

 

そうです!また脳卒中という言葉が出てきました。

慢性腎臓病⇒脳卒中の中の脳溢血・・・これが、本当の意味での島木譲二さんの病名ではないか??と私は思ってます。

 

人は、心臓の大切さを認識し、胃や腸には異変を感じます。

しかし一方、腎臓や肝臓、膵臓の大切さは認識しておらず、ろくに検査もしないのが実際のところでしょう。

現在1100万人の人が慢性腎臓病で苦しんでいると言われていますが、それは検査の結果、病気が明らかになった人にすぎません。

病気は早期発見につきます!!機会を見て、検査するのをお勧めします。

私は医師ではありませんが、そんな気持ちにさせられる、島木譲二さんの死でした。


スポンサーリンク





 

◆島木譲二 現在は死を惜しむ声多数!安らかに・・・

島木譲二 現在 病気の病名が検索され、過去の病歴も明らかに!もう二度と聞けないギャグを惜しむ声が全国で浮上!7

西日本のミドルボクサーとしてチャンピオンにも輝いたことがある、島木譲二さん・・・。

以前はプロボクサーだったことを知る人は少ないのではないでしょうか?

そして、MBS千里丘放送センターの警備員を経て、間寛平の紹介で吉本新喜劇入りを果たし、その後は「大阪名物パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」「カンカンヘッドは、男のロマン」などの体を張ったギャグで人気を得てしたのはご存知でしょう。

 

2011年からは慢性腎臓病で療養していましたが、ボクサーであっても相手が病気である以上、殴ることはできません。

本当に辛い闘病生活だったのではないでしょうか?

島木譲二さん・・・今まで本当にお疲れさまでした。

これからは安らかにお休みください・・・。

そして今までありがとうございました。


スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ランキング

ページ上部へ戻る