小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!

小林麻央 再入院の病院判明か⁉病室写真から病院名が特定されつつある。999

小林麻央さんが再入院した話は有名で、ヤフーニュースでも掲載されました。
しかし、気になることはそこで浮上する「余命」という言葉です。
再入院しただけで、なぜ小林麻央さんの余命が近いような噂が広がるのでしょうか?

今回は病院に再入院した小林麻央さんに浮上する、余命という言葉との関連性を徹底的に分析してみました。

《小林麻央 再入院と余命の関係(言葉)

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!444

小林麻央さんが再入院を発表し、最初に余命につながるのでは??と心配されたのは、やはりブログKOKOROで綴られた小林麻央さんの言葉だと思います。
それでは、小林麻央さん自身が書いた言葉をご覧ください。
入院前の言葉も入っていますが、9月にブログKOKOROの掲載を始めた頃の、前向きでポジティブな小林麻央さんの言葉とは別人レベルのものに感じてしまうのです。

・今は、誰かと数日後の約束をするまでの自信はないけれど、治療のためのスケジュールを予定通りクリアできるだけで、??はなまる??です。

・だいぶ弱ってしまい、すみません。幼稚園のクリスマスパーティも参加できず、悲しく思っていましたが、子供の笑顔を写真で見るとそれだけで、うれしいです。

・昨夜は姉が一晩中私の背中をさすってくれました。本当に優しい手。みんなみんなありがとう。

・今回、今までよりも骨転移の痛みを感じるようになって、「痛い、痛い」という思いで怖くなって先が心配ばかりでいました。

・・・という感じです。

以前は、「先生、私は治したいんです。奇跡を起こしたいんです!!私はステージ4だって治したいです!!!遠慮している暇なんてありません!!」という闘争心丸出しの文章でしたが、今は弱気な文章が目立ちます。

もちろん、小林麻央さんが弱気な言葉を書いた=余命に直結するとはいいません。
しかし、小林麻央さんの体調について一番知っているのは、小林麻央さん本人!
その小林麻央さんが言葉で弱気になるのには、何かしら理由があるはずです。

その理由が余命に直結しないことを望むばかりです。

 

《小林麻央 再入院と余命の関係(画像)

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!555

小林麻央さんが再入院し、個人的に一番「余命」を意識したのは、小林麻央さんの画像を見たときでした。
これに関しては言葉の説明は必要ないと思います。
小林麻央さんがブログKOKOROの掲載を始めてからの、小林麻央さんの自我撮り画像をご覧ください。

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!2

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!25小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!252

いかがですが?

抗がん剤の副作用で眉毛やまつ毛がないため、目を不自然に大きく開ける小林麻央さんから、死相と騒がれた「朝食食べたい」の画像。
その後、QOLの手術を完了し、抗がん剤をストップしたことから、眉毛が戻り小林麻央さんらしくなった画像をご覧いただきました。

そして再入院した12月・・・小林麻央さんの表情はこのように変わっているのです。

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!333

ノーメイクということと、病院の照明ということも考慮しても、やはり顔色が悪いのは一目瞭然・・・。
再入院後のこの画像を見たとき、どうしても「余命」は意識してしまったのでした。

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 再入院と余命の関係(治療)

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!777

さて、次に小林麻央さんが再入院したことと、小林麻央さんの余命がどのように関連付けられているか??予想される治療方法から分析してみます。

とは言っても、再入院後の治療方法に関しては、ブログKOKOROに明記されておらず、具体的にどのような治療がされているかは??分かりません。
骨の転移による痛みを訴えてはいたものの、その後の治療方法などは明記されていないのです。

ここからは、私の個人的な勘です。
間違っているかもしれませんが、お読みいただけると幸いです。

おそらくですが、小林麻央さんは特に治療は行っていないと思います。
もちろん、医学療法は行っていますが、点滴による体力の回復や、痛み止めの投与だと思われるのです。

なぜなら、小林麻央さんは抗がん剤治療でがん細胞を小さくすることに成功し、できる精一杯の治療法としてQOLの手術などを行っています。
その後は抗がん剤治療をストップして、先ほどの画像のように後ろ髪も伸びてきました。
つまり、現在も抗がん剤投与はストップしていると思われ、それは継続していると思います。

そして、おそらくですが11月中旬頃からの体調不良の原因、放射線治療を行い温浴療法などを試して、今に到っていると思います。
小林麻央さんも自分の体は自分で一番理解しようと、いろいろなサプリメントなどを試して、結局改善せずに全てを中断・・・したところで再入院したはずです。

小林麻央さんは今、おそらく弱った体力の回復を目的とした、栄養分たっぷりの点滴と、骨の転移による痛み止めを投与しているのではないでしょうか?
最近、小林麻央さんが以前のように、投与している薬の名前や手術の方法などをブログKOKOROに書かなくなったのは、緩和治療に入っていることを知られて欲しくないからではないか??と思うようになったのです。
乳がんを撲滅させる薬であれば名前を書くはずですが、痛み止めをブログKOKOROに記載すれば、たちまち延命治療というキーワードがネットに氾濫することでしょう。

つまり何が言いたいか・・・??
結局のところ、小林麻央さんが再入院して治療している内容を予想するに、余命は『厳しい状況にある』ということにつながってしまうように思えてしまうのです。

残酷な答えで申し訳ございません。
知りたくも、見たくもない答えですが、私が導き出した答えはこれだったんです。

 


スポンサーリンク




 

《小林麻央 再入院と余命の関係(まとめ)

小林麻央 再入院で余命が決まるか?!再入院の「目的」と、その陰にある「余命」へのつながり・・・誰もが知りたくない現実に迫る!!1000

今回は小林麻央さんが12月に入り再入院した事実と、そのことが小林麻央さんの余命に関係するのか??について、自分なりの考察をまとめてみました。
QOLの手術のときは、余命にはつながっていないと信じていた私ですが、さすがに今回の再入院の報道からは「余命」という言葉がよぎるほど、厳しい現実に見受けられました。

最初は運動会の時のように、クリスマスに備えた治療だと思っていたのですが、子供たちが京都に行くなど・・・いまいち状況がつかめない感じです。
それに、12月23日・・・つまりクリスマスイイヴの前日に、小林麻央さんは病室に入ってきた落ち葉についてブログで書いています。

家族でのクリスマスを過ごすためには、自宅でパーティーの準備をするためにも、24日の朝には退院しなくてはいけません。
しかし、ブログKOKOROを見る限り、その(小林麻央さんの退院)の雰囲気は伝わってこないのです。

小林麻央さんの再入院はクリスマスではなく、やはり小林麻央さんの余命に関連づいてしまうのでしょうか?
退院すれば乳がんが治る・・・というわけではありませんが、今はただ、小林麻央さんの退院を望んでいます。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク




関連記事

コメントは利用できません。

ランキング

ページ上部へ戻る