小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で、ここ数日間が要注意!マスクは感染症予防だった!?

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で、ここ数日間が要注意!マスクは感染症予防だった!?3

小林麻央さんのブログ KOKOROが嬉しいことに、あぶないといわれ続けた12月を乗り越え1月を迎えました。

しかし、マスク姿など気になることが浮上し、あぶない12月が1月も続いているように思えます。

今回はブログ KOKOROで見える免疫力の低下の可能性についてまとめてみました。

少し、医学的な内容も含みますが、小林麻央さんの余命に関わることかもしれないので・・・最後までお読みいただけると幸いです。

《小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!?》

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で、ここ数日間が要注意!マスクは感染症予防だった!?77

小林麻央さんはブログ KOKOROを掲載するたびに、ネットでは12月あぶない・・・とずっと言われ続けてきました。

その理由には以下のことが挙げられます。

●ブログ KOKOROに写る小林麻央さんの顔色が悪い
●ブログ KOKOROに写る小林麻央さんが痩せてきている。
●ブログ KOKOROの更新頻度が11月から減り始めている。
●ブログ KOKOROでの発言がネガティブになっている。
クリスマスは家族で過ごせなかった。
まさかの再入院が書かれていた。
の転移による、全身の痛みをブログ KOKOROで綴った。
●QOL手術以降抗がん剤を中断し、サプリメントも中断

・・・と、こんな感じではないでしょうか?

小林麻央さんの病状はブログ KOKOROで判断するほかないのですが、12月に入り厳しい状況がずっと続いているのです。

中でも、12月~は乳がんの骨転移による痛みの掲載が多い気がします。

 

そんなことが続き、小林麻央さんがブログ KOKOROを書くたび『12月はあぶない・・・』とずっと言われて続けてきたわけです。

そして、小林麻央さんは必死に乳がんと闘い、12月は無事に乗り越えたものの・・・1月はもっとあぶない状況であると言えるのです。

それを感じたのは、ブログ KOKOROで掲載されている一枚の写真でした。


スポンサーリンク




《小林麻央 ブログ KOKOROで読み取る免疫力低下》

 

個人的に気になったのは、このツーショット写真です!

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で第2週に要注意!マスクは感染症予防だった!?

こんなの売っているの??と聞きたくなるような、真っ黒なマスクを付いている市川海老蔵さん。

白黒ハッキリさせるような??感じで白いマスクを付けている小林麻央さん・・・。

気になったのは小林麻央さんが着用している白いマスクの方です。

 

例えばクリスマスの画像をご覧ください・・・

スッピンでも小林麻央さんはマスクは着用しません。

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で第2週に要注意!マスクは感染症予防だった!?2

にも関わらず、このときは白いマスクを付けているのです。

 

なぜこのときはマスクを着用したのでしょうか?

考えられる理由は2つあります!!

①市川海老蔵さんが黒いマスクをしているので、白でコラボした!

②白血球の減少によって、病院内の菌で感染症を起こさないため!

という全く異なる理由です。

 

①は、ブログ KOKOROを書くためのネタ!!つまり悪ふざけです。

実際に、この後に掲載されるブログ KOKOROの写真では、小林麻央さんはマスクを着用はしていません。

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で第2週に要注意!マスクは感染症予防だった!?3

なので、①であることを、個人的には望んでいます。

 

しかし・・・②だった場合、ちょっと事情は深刻になります。

それは再入院したことに関係しているのですが、抗がん剤の再投与が有り得るのです。

 

抗がん剤だって、薬だからいいじゃないか!!と言われそうですが、抗がん剤投与は風邪薬を飲むことや栄養を点滴することとは訳が違います。

抗がん剤を投与するということは、がん細胞と闘いはしますが、体自体もすごくダメージを受けてしまうのです。

 

少し難しい話になりますが、抗がん剤を投与したときの副作用として白血球の減少があります。

脱毛や吐き気という副作用は、抗がん剤の副作用の一部でしかないのです。

 

難しい話ですが、もう少しお付き合いください。

小林麻央さんが抗がん剤を再投与していた場合、投与後10日~14日頃に、一番白血球が減少するため、再入院が12月20日なので、1月3日~7日がそのあたりに該当します。

 

つまり、白血球の正常値は免疫力の強さを示すので、白血球が減少するというのは感染症になりやすい!!ということになるのです。

感染症!!と聞くとピンとこないかもしれませんが、風邪も立派な感染症です。

 

健康体の人は風邪を引いても、ウィルスに対して白血球が闘うから、風邪は治るのです。

しかし、白血球が極端に少ない場合・・・もうお分かりですよね。

 

あのHIVという病気も、HIVで亡くなるのではなく、HIVで白血球が減少して、なにかしらの病気で亡くなるのです。

つまり、人間の体にとって、白血球が病気から体をまもる正義の味方!!

小林麻央さんが抗がん剤を再投与している場合、白血球の減少が非常に怖いのです。

 

では、小林麻央さんは抗がん剤を再投与しているのでしょうか?

ブログ KOKOROでそれを示すかのような部分を発見しましたので、掲載させていただきます。

小林麻央さんが抗がん剤を再投与しているかどうかは、みなさんで予想してみてください。

◆「今は、がんばる時ではないよ。医療の力を借りて、回復させよう。」⇒医療の力
◆元旦は起き上がれず、病食は、お昼からのスタート⇒全身の倦怠感
◆そのあと吐きそうになり復活するまでに時間がかかりましたが⇒吐き気

以上は抗がん剤の副作用を示します。

小林麻央さんの免疫力低下・・・信じたくはありませんが、あぶないと言われた12月は1月も続いているのです。

 


スポンサーリンク




《小林麻央 ブログ KOKOROで信じる奇跡!》

小林麻央のブログこころ あぶないのは12月より1月!白血球減少で、ここ数日間が要注意!マスクは感染症予防だった!?110

今回は、抗がん剤による白血球減少など・・・医学的な内容も含めて書かせていただきました。

私の身内も同じく乳がんで抗がん剤を投与しましたが、マスクこそはしなかったものの、外出を控えるように、そして風邪を引かないように注意を受けていたのを思い出します。

 

抗がん剤というと、脱毛や吐き気のイメージが強いですが、白血球の減少による大幅は免疫低下も大きな副作用の1つ・・・。

小林麻央さんが再入院してから、抗がん剤を再投与しているかは不明ですが、仮にしている場合2週間前後が経過したころが要注意ということになります。

 

小林麻央さんが日々綴るブログ KOKOROの中で、12月があぶないと言われてきましたが、ブログ KOKOROの文章を見る限り1月のほうが「あぶない」と感じてしまいました。

『元旦は起き上がれず、病食は、お昼からのスタートになりました。ゆっくりゆっくり。大丈夫です!』

確かに元旦の朝は起きれない人は多いと思いますが、そういう方はお酒の飲みすぎの場合が多いはず・・・しかし、小林麻央さんは違います。

起き上がれないほど、全身が倦怠感に襲われ、起きれないほど骨の痛みが凄まじいのだと思います。

 

抗がん剤を再投与している場合、免疫力が急激に低下するのは投与してから10日~14日後・・・。

小林麻央さんが再入院したのが12月20日ですので、その日から投与していれば、1月1日~1月7日の週当たりが最も感染病に注意するべきときです。

 

元旦のブログ KOKOROの締めくくりは『私も居るべき場所に戻れるように今は置かれている場所で精一杯居ようと思いました。』と、小林麻央さんは退院を目指して頑張っています。

2017年に起こる奇跡・・・信じていたいと思います。

頑張れ!!小林麻央さん!!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 


スポンサーリンク




オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 高橋メアリージュン 病気の子宮頸がん、潰瘍性大腸炎はまさに大病だった!

    高橋メアリージュン 子宮頸がんステージや余命は厳しいのか?

  2. 平手友梨奈 怪我した上腕三頭筋の場所と、怪我の原因は・・・

    市川海老蔵に、ござりまする ハワイのシーンで見た確信の1枚!

  3. 小林麻央 死去の時間19時は『おかしい』という噂に対して・・・

    小林麻央 死去の時間19時は『おかしい』という噂に対して・・・

ページ上部へ戻る