小林麻央 足細い!細すぎ!と散歩の画像で見えると心配されているが、果たして細い足は闘病によるものか?!

小林麻央 ブログ kokoroの最新記事で不信感浮上の噂!2月の回復に関して理由が知りたいも関わらず明記なし・・・。なぜ小林麻央は回復できたのであろうか?

小林麻央さんが、激やせして足細い!!と話題になっています。
末期がんと毎日闘っている小林麻央さんですが、病気で激やせして、それが足が細いことに現れているのでしょうか?

今回は小林麻央さんにまつわる「足細い」の噂と、噂の発端となったと思われる「散歩」の画像を検証したいと思います。


スポンサーリンク




【小林麻央 足細いのが散歩の画像で見えるか?!】

小林麻央 足細い!細すぎ!と散歩の画像で見えると心配されているが、果たして細い足は闘病によるものか?!88

ネットで小林麻央さんの激やせが噂されたのは、顔でも手でもなく、足の細さのようです。

闘病生活が始まってから、小林麻央さんの画像はたくさんあるものの、確かに足まで写っている全身写真は少なかったように思えます。

そんな中、1月23日に掲載されたブログ KOKOROで、放射線治療を終えて散歩する小林麻央さんの画像が映っているわけですが、そこで珍しく細い美脚が見えたため、そこから「足細い」というキーワードが浮上したと考えられるわけです。

それでは小林麻央さんが散歩の最中に撮影したと思われる画像をご覧ください。

小林麻央 足細い!細すぎ!と散歩の画像で見えると心配されているが、果たして細い足は闘病によるものか?!6

確かに細い足で、すばらしい美脚ですね。
これで、以前がもっと太ければ、闘病生活による激やせが考えられるのですが、果たして以前の小林麻央さんの足はどうだったのでしょうか?

次に、小林麻央さんに乳がんが発覚する、ずっと前の2009年の画像をご覧ください。


スポンサーリンク




【小林麻央 足細いのは以前から!?】

これは小林麻央さんがブログ KOKOROを開始するずっと前に連載していたブログ「まお日記」です。

小林麻央 足細い!細すぎ!と散歩の画像で見えると心配されているが、果たして細い足は闘病によるものか?!2

すごい美人ですね!そして素晴らしく細くて綺麗な足!!これぞ美脚です。

どうですか?
今一度、1月23日にブログ KOKOROで掲載された足の画像と比較してみてください。

激やせ?という表現が妥当かどうかは分かりませんが、小林麻央さんの細くて綺麗な足は以前から現在に至るまで維持されている!!ということになるのです。

確かに細くて、足が痩せているのは事実ですが、末期がん患者に見られるような病的な激やせはない!!と私は信じています。

ということで、今回は小林麻央さんがブログ KOKOROで掲載した散歩の画像で話題になった、足の激やせ疑惑について注目してみました。

闘病で大変な思いをして、強い薬のせいで小林麻央さんの体重の変化があることは考えられます。
ただ、小林麻央さんの足は以前から細く、そして綺麗な美脚だったことはご理解いただけると思います。

よって、病気で激やせ??疑惑は、個人的には違うかな・・・と思っています。

退院が期待される小林麻央さんですが、一日も早く麗禾ちゃんと勸玄くん、そして市川海老蔵さんと写る家族4人の写真を見たいですね。

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。


スポンサーリンク




コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 黒木奈々と小林麻央の共通点は上智大学の同級生以外にもたくさんあった・・・。
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 海老蔵 再婚しそう!の噂はゆめちゃんの海老蔵家入りで増加?誕生日会も楽しいものにしてほしい・・・

    小林麻耶 海老蔵 再婚しそうという噂はゆめちゃんの海老蔵家入りで増加?誕生日会も楽しいものにしてほしい・・・

  2. 小林麻央 水素温熱免疫療法のAクリニックの名前は?業務停止命令で民間療法の信憑性に大きなダメージを受けた気がする・・・。

    小林麻央 水素温熱免疫療法のAクリニックの名前は?業務停止命令で民間療法の信憑性に大きなダメージを受けた気がする・・・。

  3. 市川海老蔵ブログの心霊写真の噂!小林麻央の霊が心霊写真として写っているという、あの噂に関して否定的な意見を言ってきた友人が多数いた!

    市川海老蔵ブログの心霊写真の噂!小林麻央の霊が心霊写真として写っているという、あの噂に関して否定的な意見を言ってきた友人が多数いた!

ページ上部へ戻る