大島康徳 病気と余命!大腸がんステージⅣの生存率を解説!普段通りに生きる彼を応援したい!

中村獅童 肺がん発表!余命は大丈夫と信じている!肺腺がんとステージについて調べてみた!

大島康徳さんが病気 大腸がんステージⅣをし、早くも余命に関して心配の声が浮上しています。
野球解説者として活躍している大島康徳さん・・・。

これかも、今まで通り!普段通りと話している大島康徳さんですが、大腸がんという病気のステージⅣの平均余命は短く、非常に大変な病気なのです。

今回は大島康徳さんが告白した大腸がんステージⅣの症状、そしてきになる余命(5年後の生存率)にクローズアップしてみました。

《大島康徳 病気は大腸がんだった!》

大島康徳 病気と余命!大腸がんステージⅣの生存率を解説!26

とても衝撃的でした。
最近は小林麻央さんや北斗晶さんなど、有名人のガン闘病生活が注目されています。
日本人の半数はガンになるとは言われていますが、やはり有名な方が末期がんと闘っていると聞くと、とても心配になってしまいます。

そんな中、野球解説者として活躍している大島康徳さんが病気を告白し、その病名は大腸がんだったのです。
大腸がんとはどのような病気なのでしょうか?

まずは、大島康徳さんが闘っている、大腸がんの概要を説明させていただきます

 

《大島康徳 病気の大腸がんとは、どんな病気?》

大島康徳 病気と余命!大腸がんステージⅣの生存率を解説!23

マスコミで最も注目されているガン患者は、おそらく小林麻央さんでしょう。
小林麻央さんが闘っているガンは乳がんステージⅣ。
女性に多いガンで、近年患者数が増えているガンでもあります。

しかし、意外なことに女性の死亡率が最も高いガンは乳がんではなく、大腸がんだったとこをご存知でしたか?
死亡率で見ると、大腸がんは女性は1位で、男性は2位なのです。

それだけ多くの人の命を奪っている大腸がんですが、すごく簡単に整理すると、大腸は水分を吸収し便を貯留する役割を持つ臓器で、結腸と直腸に分類されます。
結腸にできたガンが結腸がんで、直腸にできたガンが直腸がんなのです。

それでは、ここで大腸がんのステージについて説明させていただきます。
このステージこそが、最も気になる余命につながってしまうのです。


 

スポンサーリンク




《大島康徳の病気 大腸がんの各ステージ》

大島康徳 病気と余命!大腸がんステージⅣの生存率を解説!2

先述しましたが、場所は近いものの、結腸がんと直腸がんの場所は異なります。
結腸がんと直腸がんを総称して大腸がんと呼ぶのですが、あまり説明がながくなると分かりずらいので、ここでは結腸がんのステージについて説明させていただきます。

それではご覧ください。
結腸がんのステージ分類です。

(ステージⅠ期)

リンパ節転移や遠隔転移がなく、がんが腸壁の粘膜下層~固有筋層までにとどまっている段階。

(ステージ ⅡA期)
リンパ節転移や遠隔転移がなく、がんが固有筋層を越えて漿膜下層などに浸潤している段階。

(ステージ ⅡB期)
リンパ節転移や遠隔転移がなく、がんが周りの臓器や組織に浸潤している段階。

(ステージ  ⅢA期)
がんが粘膜下層~固有筋層までにとどまっており、2~3個の所属リンパ節に転移している段階。

(ステージ ⅢB期)
がんが固有筋層を越えて、漿膜下層や他の臓器に浸潤しており、かつ2~3個の所属リンパ節に転移している段階。

(ステージⅣ期)
肺や肝臓などの遠隔臓器に遠隔している段階。

・・・と結腸がんのステージ概要は以上の通りで、直腸がんも似ています。
ショックなのは大島康徳さんが患っている大腸がんのステージⅣの説明文が短いことです。
遠隔転移している段階・・・あまりにも簡単な説明文が逆にショックでした。


 

スポンサーリンク




《大島康徳の病気 大腸がんステージⅣの余命》

大島康徳 病気と余命!大腸がんステージⅣの生存率を解説!299

『仕事においてもプライベートにおいても。特別な配慮や遠慮は無用です』とブログで気持ちを書いている大島康徳さん・・・。
凄い人だと思いました。

なぜなら、大腸がんステージⅣの余命はかなり厳しい数字です。
ステージ分類では結腸がんのみをご案内しましたが、余命に関しては結腸がん、直腸がんの両方をご案内します。

(結腸がんのステージと余命)
※5年後の実測生存率です。
◆ステージⅠ⇒89.6%
◆ステージⅡ⇒81.0%
◆ステージⅢ⇒74.5%
◆ステージⅣ⇒16.2%

(直腸がんのステージと余命)

◇ステージⅠ⇒88.4%
◇ステージⅡ⇒80.6%
◇ステージⅢ⇒72.6%
◇ステージⅣ⇒17.2%

 

・・・いかがだったでしょうか?

大島康徳さんの大腸がんが結腸がんか、直腸がんか??明記はされていませんが、ステージⅣの余命の厳しい現実は変わらないのです。

『治療はするけれど仕事もする、遊びにも行く、好きな趣味もする、美味しいものも食べる。つまり、これまでと何も変わらない日々を過ごしたいのです。いいえ、過ごすのです。』

残された人生、最高の時間を過ごすという意思なのでしょうか?
本当に大島康徳さんは強い人だと思いました。
そして、最高の人生を生き抜く人だと思いました。

私が調べる限り、大腸がんステージⅣの完治は難しいようです。
治るか否かに関してのコメントは控えさせていただきますが、今はただ大島康徳さんの幸せな人生を生き抜く気持ちを応援したいと思います。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。


 

スポンサーリンク




コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 黒木奈々と小林麻央の共通点は上智大学の同級生以外にもたくさんあった・・・。
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 海老蔵 再婚しそう!の噂はゆめちゃんの海老蔵家入りで増加?誕生日会も楽しいものにしてほしい・・・

    小林麻耶 海老蔵 再婚しそうという噂はゆめちゃんの海老蔵家入りで増加?誕生日会も楽しいものにしてほしい・・・

  2. 小林麻央 水素温熱免疫療法のAクリニックの名前は?業務停止命令で民間療法の信憑性に大きなダメージを受けた気がする・・・。

    小林麻央 水素温熱免疫療法のAクリニックの名前は?業務停止命令で民間療法の信憑性に大きなダメージを受けた気がする・・・。

  3. 市川海老蔵ブログの心霊写真の噂!小林麻央の霊が心霊写真として写っているという、あの噂に関して否定的な意見を言ってきた友人が多数いた!

    市川海老蔵ブログの心霊写真の噂!小林麻央の霊が心霊写真として写っているという、あの噂に関して否定的な意見を言ってきた友人が多数いた!

ページ上部へ戻る