小林麻央 ブログ kokoroの塚田先生の画像や死因 肝不全について検索されているが、彼の余命はどれくらいだったのか?

DJ KOO 脳動脈瘤の手術方法や後遺症の可能性!復帰時期などを予想してみた!

小林麻央さんがブログ KOKOROで綴ったアメンバー限定記事「塚田先生」は大きな反響を呼びました。

ネットでは早くも塚田先生の画像検索や経歴、そして死因となった肝不全についての検索も始まっているようです。

今回は小林麻央さんが命日にブログ KOKOROに綴るほど、感謝の気持ちと尊敬の念を抱いていた名医 塚田先生について注目してみました。

【小林麻央 ブログ KOKOROで綴った塚田先生への想い】

小林麻央 ブログ kokoroの塚田先生の画像や死因 肝不全について検索されているが、彼の余命はどれくらいだったのか?2

アメンバー限定記事で綴った塚田先生への感謝・・・。

アメンバー限定記事のため、小林麻央さんが書いた詳細な内容は書けません。

詳細は書けませんが、主な内容としては塚田先生が乳がんを告知されてメンタル的にどん底だった小林麻央さんを励まし、支えてきたことに対する感謝が綴られています。

なお、ブログ KOKOROの本文で確認する限り、小林麻央さんと塚田先生と出会ってから2カ月もしないうちに、塚田先生は他界しているそうです。

塚田先生が肝不全で死去されたのが2016年3月なので、小林麻央さんと出会ったのは2016年1月くらいではないでしょうか?

そして小林麻央さんの乳がんを市川海老蔵さんが会見で公開したのが2016年の夏前なので、小林麻央さんは乳がんを公表する前に塚田先生に相談していた・・・ということになるようです。

今でこそ、全国の人が小林麻央さんの乳がんを知って応援していますが、当時は一部の家族しか知らなかったはず・・・。

誰にも言えない病気の悩みを、親身になって聞いてくれた塚田先生は、きっと小林麻央さんにとって大きな存在だったのだと思います。

スポンサーリンク




【小林麻央 ブログ KOKOROで登場し、画像まで検索される塚田先生とは?】」

小林麻央 ブログ kokoroの塚田先生の画像や死因 肝不全について検索されているが、彼の余命はどれくらいだったのか?3

小林麻央さんがブログ KOKOROで綴った人物は数人いたように感じます。

ガンの陰に隠れないで・・・と、小林麻央さんがブログ KOKOROを書くきっかけになった先生などです。

しかし、実名をタイトルに出したのは塚田先生だけ・・・。

そのことを、塚田先生のご遺族に確認したかは分かりませんが、全国で一番注目されているアメブロで紹介されたということは、きっと塚田先生にとっても、そしてご遺族にとっても名誉なことではないでしょうか?

小林麻央さんのブログ KOKOROでは塚田先生の顔写真が掲載されていますが、反響は予想以上に大きいため、ネットでも塚田先生の画像検索はされているようです。

塚田先生は一般人ということで、画像の掲載は自粛させていただきますが、どれだけすごい先生だったのか??に関しては解説させてください。

塚田先生の本名は塚田一博さん。

1950年10月17日に栃木県の栃木市で生まれ、医学の道に進んでから1975年3月に新潟大学医学部卒業しました。

その後、1984年4月には新潟大学医学部附属病院にて、第一外科の助手に抜擢され、1993年4月には早くも新潟大学医学部の講師になります。

その後は活動を富山に移し、富山医科薬科大学医学部の教授を経て、2000年4月には富山医科薬科大学附属病院の副院長に就任しました。

その後、2013年4月には富山大学附属病院の病院長、並びに富山大学副学長に就任して2016年3月5日・・・惜しくも在任中に肝不全にて逝去されるのです。

塚田先生が医学界に残した業績はすばらしく、2012年には富山新聞文化賞、そして2016年委には瑞宝中綬章に選ばれているのです。

小林麻央さんにとって心の支えになった塚田先生・・・彼が支えた人、そして命を助けた人はとても多かったように思えます。

塚田先生はそんな素晴らしい名医だったのです。

スポンサーリンク




【小林麻央 ブログ KOKOROで追悼を表した名医の肝不全での死】

小林麻央 ブログ kokoroの塚田先生の画像や死因 肝不全について検索されているが、彼の余命はどれくらいだったのか?6

2016年3月5日・・・小林麻央さんがブログ KOKOROで実名を出してまで追悼の意を示した塚田先生・・・。

そんな素晴らしい名医の命を奪ったのは肝不全という病気でした。

 

肝不全とは、なにかの原因で肝細胞の機能が大幅に低下し、肝臓としての機能が維持できなくなったときに、意識障害や黄疸、腹水、消化管出血、出血傾向、腎不全など、さまざまな症状をきたした状態をいいます。

なお、その肝不全には大きく分けて急性肝不全と慢性肝不全があり、 急性肝不全は黄疸が現れた後4週間以内に肝性脳症を発症し、危険な状態になることがある、とても恐ろしい病気です。

なんと急性肝不全の場合の症状の進行は数日から数週間・・・と、とてつもないスピードで進行するのです。

もう一つの慢性肝不全の進行はゆっくりで、症状も最初は気づかないことが多く、多くの場合はあざができやすい、出血しやすいといったことから始まります。

その後に静脈瘤から出血して気づく患者さんが多いようで、原因としては脂肪肝や肝炎が多く挙げられるそうです。

小林麻央さんがブログ KOKOROで追悼の意を示した塚田先生の肝不全が、急性肝不全か慢性肝不全か??は分かりません。

ただ、小林麻央さんのブログ KOKOROの内容をみると、お互いに励まし合ってた様子を感じることができたので、もしかしたら慢性肝不全だったのかもしれませんね。

 

なお、肝不全は重度の肝障害が起こる病気のため、余命は人によって大きくことなります。

小林麻央さんが患っているステージⅣの乳がんであっても、おおよその5年後の生存率はデータで出ています。

しかし、塚田先生が闘ってきた肝不全の余命は短い人で1週間の人がいたり、1年という人もいたりするのです。

塚田先生がお亡くなりになった今、これ以上のことは分かりませんが、富山大学附属病院の病院長在任中で病死されていることから、急激に悪化した可能性もあるのかもしれません。

それだけ、肝不全という病気は恐ろしい病気なのです。

 

塚田先生が死去されてから1年・・・小林麻央さんはブログ KOKOROで追悼の意を示しました。

小林麻央さん!!来年の3月5日もブログ KOKOROで塚田先生のことを書いてください!

そして来年書いたら、再来年もお願いします!!

塚田先生の気持ちを裏切らないためにも、小林麻央さんが必死で乳がんと闘い!!そして最後は打ち勝つことを願っています。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク




オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 高橋メアリージュン 病気の子宮頸がん、潰瘍性大腸炎はまさに大病だった!

    高橋メアリージュン 子宮頸がんステージや余命は厳しいのか?

  2. 小室哲哉 keikoと離婚するの?結婚指輪がない!看護師との不倫疑惑の記者会見でよぎった「嫌な予感」!

    市川海老蔵に、ござりまする ハワイのシーンで見た確信の1枚!

  3. 夏木陽介 現在の 死去するまで腎細胞がんと闘病!癌ステージなど、彼の病気に迫る!

    小林麻央 死去の時間19時は『おかしい』という噂に対して・・・

ページ上部へ戻る