小林麻央 ブログkokoroの最新!5月の感謝の多さに違和感が・・・考え過ぎであればいいのだが・・・。

中村獅童 肺腺癌ステージ1Aで現在は良くても、油断大敵!再発の可能性が高いだけに、しっかりと予防をしてほしい!

小林麻央さんが日々綴るブログ KOKOROも5月に入り、最新の内容に変化が生じているように思えます。

それは、あまりにも「ありがとう」という感謝の気持ちが多いこと・・・。

今回は小林麻央さんのブログ KOKOROを読み、最新の5月の記事で感じた違和感について書いてみます。

5月に綴られた最新のブログ KOKOROから感じる何とも言えない違和感・・・私の考え過ぎであることを願います。

スポンサーリンク


小林麻央 最新の5月のブログ KOKOROで違和感を感じた「感謝」の言葉の多さ!

 

多くの方が小林麻央さんのブログ KOKOROをお読みになっていると思いますが、以前から小林麻央さんが意識してきた「ありがとう」という感謝の言葉が、最新の5月の記事でなぜか多い!と思ってしまいます。

他の月がどうなのか??具体的に回数を数えているわけではないのですが、5月の「ありがとう」は回数の問題ではなく、意味合いもなんだか今までと違って聞こえるのです。

個人的に・・・違和感を感じ始めたのは、小林麻央さんが「10歩歩くのもやっと」を告白したころでした。

今までは「1日1000回 ありがとう。」を意識した行動に思えたのですが、5月の記事はどうも違って聞こえるのです。

それでは、実際に小林麻央さんが最新の5月の記事で書いた感謝の言葉をまとめましたのでご覧ください。

 

◆5月6日「一日 一日 が大切」

『先のことより、生かされている今日が一番大事。

そんな話を今日はしました。』

ここでは「ありがとう」という言葉は使われていません。

ただ、生かされていることに感謝しているのは伝わってきます。

以前の小林麻央さんであれば、先のことを夢見て闘病してきたように思えるのですが・・・私の考え過ぎかもしれませんが、少し気になりました。

そして、小林麻央さんの感謝の言葉に違和感を感じたのは5月13日と14日の記事でした。

 

◆5月13日「いろいろ」

『昨夜は、できることが少なくなっていく自分が怖くなってしまい、
「こんなふうに色々手伝ってもらわないといけなくて、家に帰ったら帰ったでみんなが大変になっちゃうね。」

~中略

娘が私を思ったとき 一番に苦しくみえていないことが私の心の救いです。

本当に まわりのみんなみんなのおかげです。』

ここでも「ありがとう」という直接的な言葉は使われていませんが、姉の小林麻耶さんに対する感謝の気持ちが綴られています。

しかし、この時の小林麻央さんはかなり辛かったのでしょう・・・自分の存在がみんなに迷惑をかける・・・と思うほど、ネガティブな気持ちになってしまっていました。

具合が悪いので仕方ないと思うのですが、やはり以前のブログ KOKOROより深刻さが増しているように感じてしまいます。

 

◆5月14日「母の日」

「ありがとう

そして、いつも深い愛情で見守ってくれる 私の二人の母へ感謝します。

さらに、年齢、関係、性別を超えて、目に見える見えないを越えて、色々な場面で私を助けて生かしてくださる母のような存在に、感謝します。」

これは自分の中で衝撃的でした!!

今まで通り、生かされていることに対する感謝の言葉だというのは分かります!!

しかし、まるで最期の言葉のようにも聞こえてしまったのです。

私の勘違いでしょう・・・しかし、私の身の回りの人間も同じように感じたと言っていたことがショックだったのです。

私は、一瞬でもそんな風に思った自分を責めました。

スポンサーリンク


小林麻央 違和感すら覚える『ありがとう』の多さを奇跡につなげたい!!

 

小林麻央さんは以前、1月27日のブログ KOKOROで『ありがとうを何万回も言うと奇跡が起こり始めるというお話』について書いています。

確かに「ありがとう」は言われても気持ちいいものですが、実は言った方もとても気持ちいいですよね!!

小林麻央さんは、きっと「生きている自分」ではなく「周りの人に生かされている」という気持ちで、どんなことでも周りの全ての人やモノに感謝しているんだと思います。

実際に小林麻央さんは!!

「生かされている今日が一番大事」

「本当に まわりのみんなみんなのおかげです。」

「いつも深い愛情で見守ってくれる 私の二人の母へ感謝」

「私を助けて生かしてくださる母のような存在に、感謝します。」

と言っているのです。

一瞬でも、勘違いした自分が恥ずかしくなりました。

・・・というのも、ある人から聞いた言葉がきっかけでした。

『人って、自分の最期を感じると、周りの人の幸せや、今までお世話になった人への感謝の言葉を言い始めるんだ』

それを聞いた直後に、小林麻央さんが「姉弟」を更新し、麗禾ちゃんと勸玄くんがこれからもずっと協力していくことを綴ったので、自分の中で当てはめていたのです。

自分が本当にバカに思えました・・・。

 

自分のバカさを痛感したのは、その後の小林麻央さんのブログ KOKOROです。

5月17日に小林麻央さんは2記事のブログを更新しているのですが、そこから感じる「ありがとう」の感謝の気持ちは私が思った「ありがとう」とは全く違ったのです!!

◆5月17日「主人のスープ」

「白湯も入れてくれて、スープを飲むための胃の準備まで付き合ってくれました。」

相手が旦那さんの市川海老蔵さんだからでしょうか??

このブログ KOKOROでは、逆に「ありがとう」という言葉を意図的に使っていない・・・とすら感じてしまいます。

おそらく、市川海老蔵さんに対する感謝の気持ちと愛情は「ありがとう」という5文字の言葉さえ超越してしまっているのでしょう・・・。

 

◆5月17日「隠し撮り」

「この下手そうに見えるマッサージも絶妙で、信じられない程 上手なのです。

浮腫んだ足が、軽くなり、爪の血色も蘇りました。

不思議な 「姉神」  です。

毎日 ありがとう。」

姉神こと小林麻耶さんに書いた文ですが(笑)、最期の「毎日ありがとう」には純粋の感謝を感じます。

言うまでもなく、最期の言葉の雰囲気は微塵もありません!!

私の勘違いだったのか?小林麻央さんの気持ちが大きく変わったのか??理由は分かりませんが、少なくとも小林麻央さんの「ありがとう」の多さは、感謝の気持ちを忘れない小林麻央さんの人柄であり、最期を意味する違和感を覚えるものではなかった!!ということなのです!!

本当に勘違いして申し訳ございませんでした・・・。

 

5月18日になりました・・・。

小林麻央さんは今、辛い病状の中でも、自分が出来る事を考えて一日を1時間!1分!1秒を大切に生き抜いているはずです!!

だから今は小林麻央さんを信じて、1日1000回の「ありがとう」がもたらす奇跡を信じて応援して行こうを決めました。

小林麻央さんの感謝の言葉!!自分も見習いたいと思います。

小林麻央さんが少しでも回復に向かいますように・・・。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る