Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小林麻央 ブログ KOKORO 顎 の内容は壮絶な病状悪化を示していた!掲載された顔写真の目元が黒いことが切なかった・・・。

小林麻央さんがブログ KOKOROの限定記事「顎」を今日5月26日に更新しました。

アメンバー限定記事「顎」の内容はネタバレできませんが、壮絶な病状の悪化を示していたのです。

数日ぶりに見る小林麻央さんの表情・・・今までにない辛い表情でした。

小林麻央 ブログ KOKORO  顎の内容をネタバレしないでほしい!!

 

今までも小林麻央さんはブログ KOKOROでアメンバー限定記事を更新してきました。

中には内容をネタバレされてもいいような限定記事があったのも事実です。

お茶目な画像や舞台観劇に関するアメンバー限定記事は、むしろ内容をネタバレしてほしいような内容でした。

 

しかし5月26日に更新された、最新のアメンバー限定記事「顎」は絶対に絶対に!!ネタバレはされてはいけません。

内容をご覧いただきたい方は、是非アメンバー申請し、ご自身の目で小林麻央さんの言葉を受け止めて欲しいのです。

 

それでも・・・どうしてもブログ KOKORO「顎」の内容を、概要だけでもいいから知りたい方は、下にまとめます。

書ける範囲になりますが、それでもよろしければ読み進めてください・・・。

スポンサーリンク


小林麻央 ブログ KOKORO 顎 の内容を書ける範囲で!

 

アメンバー限定記事のため、小林麻央さんの気持ちを尊重するため、内容を転載・引用はできません。

ですが、アメンバー申請していない方は、概要だけでも知りたいでしょう・・・。

 

それでは、書ける範囲で書きます。

アメンバー限定記事「顎」ですが、ご存知の通り顔の顎を示しています。

そこで考えていただきたいのですが、小林麻央さんが「顎」というタイトルでブログ KOKOROを更新して、顎がかゆくてしかたない・・・的な内容を書くでしょうか?

わざわざ、小林麻央さんが「顎」というタイトルを付けてブログ KOKOROを更新するとしたら、理由は一つしかないのです!!

顎に痛みを感じているのです。

 

普通の健康体の人が感じる顎の痛みは、打った時か、硬いものを長時間噛み続けたくらいでしょう。

しかし5月現在の小林麻央さんを思い出してください。

「10歩歩くのもやっと」と告白しており、食事関しても硬いものを食べられるどころか??「三分粥」しか食べられない状態なのです。

そんな小林麻央さんが、どこかに顎をぶつけたり、硬いものを食べられるはずがありません!!

では、なぜ顎が痛いのか??

 

・・・すいません・・・小林麻央さんの意思を尊重し、これ以上は書けません。

ただ、小林麻央さんのようにステージⅣの癌と闘っている人が一番恐れていることは何でしょうか?

あとは、ブログをお読みの皆さまの判断にお任せします。

 

アメンバー限定記事「顎」の内容は読んでいてとても辛い内容でした。

掲載こそできませんが、ブログ KOKORO「顎」には小林麻央さんの顔画像が写っています。

ですが、そこに写っている小林麻央さんは、単に痩せているだけでなく、目の周りが真っ黒だったのです・・・。

とても心配です。

今は、少しでもいいから小林麻央さんの顎の痛みが軽減されることと、病状が回復することを願っています。

スポンサーリンク


オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

    岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

  2. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

  3. 浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

    浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

ページ上部へ戻る