小林麻央 余命 6月の可能性を指摘した知人、否定した自分!絶望は希望へ変わっている・・・

  • 2017/6/4
  • 小林麻央 余命 6月の可能性を指摘した知人、否定した自分!絶望は希望へ変わっている・・・ はコメントを受け付けていません。
高山善廣 診断結果が最初よりも深刻!頸椎損傷が寿命を縮める噂は本当なのであろうか?

6月に入り、小林麻央さんが在宅医療を始めてからすでに3日間が経過しました。

在宅医療は何かと不便なことがあるとは思いますが、家族の笑顔と多くの人の支えがあるおかげで、小林麻央さんも頑張っているようです。

そんな中、小林麻央さんが最新のブログ KOKORO「蝶々」を更新し、新たな気づきを教えてくれしました。

そんな気持ちでいる電車の中、いつもの知人からラインが来たのです。
スポンサーリンク




小林麻央 余命6月の可能性を具体的に説明してくる知人!

 

私の知人は、小林麻央さんの余命や病状の厳しさに関心をもっているせいか??欠かさずにブログ KOKOROを確認しています。

仕事の都合上、自由な時間があるためとも言えるでしょうが、彼の性分でもあるのでしょう。

以前の書かせていただきましたが、いわゆる雑学王で、やたらと調べています。

とは言っても、私のように感情的に小林麻央さんを応援することはなく、あくまでも乳がんと闘っている有名人・・・として調べているだけなんですね。

それも人それぞれですから、別に否定はしませんが、そんな理由からか?私がこのブログを書いていること・・・彼は知らないのです。

 

小林麻央さんが最新のブログ KOKORO「蝶々」を更新した時、私は電車に乗っていました。

週末ということもあり酒臭い電車でしたが、カンカンの可愛い顔や小林麻央さんの気持ちにポジティブさを感じたので、比較的に気分のいい電車だったのです。

小林麻央 余命 6月の可能性を指摘した知人、否定した自分!絶望は希望へ変わっている・・・

そんな時、いつもの知人からLINE・・・。

内容は小林麻央さんの余命が6月である可能性について、彼なりに調べてた医学的根拠が綴られていました。

凄いと思いながら、「こいつ暇人だな」と思ったのも本音です(笑)

 

素晴らしい内容なので引用したいのですが、残念なことに彼は医師ではなく素人のため、間違った見解である可能性が非常に高いです・・・よって引用は自粛します。

それに、先程も申し上げた通り雑学王なので、私がブログ上で引用すると・・・自分の文章が引用されたことに気付く可能性があるのです。

それにしても、よく調べたな!!という感じでしたね。

 

内容的には末期癌患者に足のむくみが始まった場合の平均余命や、ポート埋め込み手術を行った人たちが、どのような病状で、どのような余命だったかを??事細かに調べた内容でした。

しかし、普通の人からみれば「こいつバカじゃね?」というレベルの調査資料だったのです。

お医者さんになればよかったのに・・・。

 

実は最後に彼なりの結論が・・・。

彼が調べた結果では、小林麻央さんの余命が6月である可能性は半々・・・ということでした。

彼も素人です・・・小林麻央さんの余命6月の可能性は断じて私は否定しますが、意見は人それぞれなので、ここでは議論しませんでした。

唯一の救いは、彼は徹底的に調べても、それをネット上で公開しないことです。

ダウンロードは得意でも、情報のアップロードが不得意なことに感謝ですね(笑)

スポンサーリンク


小林麻央 余命6月の可能性を拒否し続ける自分!

 

そんな知人の予想にも関係なく、私は断固として小林麻央さんの余命6月の予想を否定し続けています!!

今までも根拠なく否定し続けてきましたが、6月を迎えた今、それなりの根拠はあります。

私の場合、知人程の医学の知識もないので、感情論・根性論になりがちなのですが、6月に入った小林麻央さんの顔色が劇的に良くなっているのです。

もちろんそれは在宅医療で「家族の愛」という栄養を補給しているからに他なりません。

 

視覚的に分かる以外でも変化はあります。

ブログ KOKOROの更新頻度も増え、書かれている文字数・・・そして何よりも、書かれている内容がポジティブになったことです!!

何かの本で「余命が残り少ない人は、やたらと人に感謝の気持ちを言いはじめ、大げさなくらいに他人の幸せを切望するようになる」と書いてあるのを読んだ気がします。

その内容を否定はしませんが、小林麻央さんの場合は人として支えてくれている人への感謝の気持ちは忘れていませんが、同時に前向きな言葉も忘れていないのです!!

 

最後に、最新のブログ KOKORO「蝶々」で小林麻央さんが引用した有名な文章の一部を私も引用させていただきます・・・。

「いかにも それは転身である

絶望から希望へ

~中略~

人生は

誰の上にも悲しみや絶望をもらたす

しかし 私は希望し続ける」

難しい文章ですが、絶望から希望に向かった立ち上がることを書いているのは分かりますよね??

問題は、なぜ小林麻央さんがこの文章を引用したのか??ということです。

なぜなら、小林麻央さんは絶望を希望に変えようと、今諦めずに頑張っているからでしょう!!

 

だから、知人には申しわけありませんが、小林麻央さんの余命6月の可能性は断固として否定させていただきます!!

私の願いが現実になりますように・・・。

今日も小林麻央さんは、きっと素敵なブログ KOKOROを更新してくれることでしょう・・・。

小林麻央さんにとっても素敵な1日でありますように・・・。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る