小林麻央 トマトとヨーグルトの内容で脳転移を思わせるフレーズが!?今の段階の吐き気は何を意味する?!

  • 2017/6/10
  • 小林麻央 トマトとヨーグルトの内容で脳転移を思わせるフレーズが!?今の段階の吐き気は何を意味する?! はコメントを受け付けていません。
小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

小林麻央さんが先日アメンバー限定記事として更新したブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」。

その後も無事にブログ KOKORO「6月9日。」を更新し、個人的には安心していました。

今日は6月10日・・・まだ今日も更新がないと思いながら、ブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」を読み返している時・・・私はある言葉に目が止まったのです。

それは癌の脳転移を思わせるような言葉でした。
スポンサーリンク




小林麻央 トマトとヨーグルトで見た、気になる言葉!

 

癌に関して、怖い病気であるという認識は多くの方が持っていると思います。

そして抗がん剤では髪の毛が抜け、吐き気やダルさに襲われることも分かっているでしょう。

実際に私の身近な人間でも、乳がんと闘い続け、抗がん剤の副作用で苦しむのを目撃してきました。

女性のシンボルに傷をつけられる心の痛みと、女性の命とも言える髪の毛を失うことと辛さを目の当たりにして、慰める言葉さえ見つけられなかったのをよく覚えています。

 

そんなことを思い出しながら、私は小林麻央さんのブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」を読み返していました。

そんな時、ある言葉に目が止まったのです。

ブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」はアメンバー限定記事のため、内容をコピー&ペーストの引用や掲載されている画像をそのまま転載することはできませんが・・・この言葉だけは書かせてください。

それは小林麻央さんが点滴している吐き気どめの点滴という文字です。

 

私は最初にブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」の内容を見た時、顎転移による痛みでトマトの皮を噛むのが大変・・・ということにばかり目が行っていました。

おそらく、ほとんどの方がそうだったと思います。

しかし、今になって吐き気どめの点滴が気になった仕方ないのです。

それは、6月現在の小林麻央さんの病状と比較した時に、妙な違和感を感じたからです。

スポンサーリンク



小林麻央 ブログ KOKORO「トマトとヨーグルト」の吐き気は脳転移なのか?!

 

最初に申し上げておきますが、実際に小林麻央さんの乳がんが脳転移しているかは分かりません・・・。

そしてもう一つ申し上げますが、脳転移していないことを願っています・・・その気持ちは変わりません!!

 

しかし、どうしても腑に落ちないのです。

6月10日現在の小林麻央さんの病状を少し整理してみます。

 

■肺転移で息切れが続き、息苦しい日々が続いている。

⇒在宅医療でも鼻カニューレのような装置と酸素ボンベを使い、呼吸は楽になっていると思われます。

 

■皮膚転移が進行している可能性がある。

⇒小林麻央さんがブログ KOKOROで掲載する画像では皮膚転移の進行は確認できませんが、小林麻央さん自身が告白していることから皮膚転移の箇所は進んでいると思われます。

 

■足のむくみがある

⇒これは小林麻央さん自身が告白しており、ブログ KOKOROシンデレラでは画像も公開されています。

 

■高熱が続いている

⇒6月現在も高熱が続いていると思われ、先日のブログでは40℃の体温計が掲載されました。

 

■痛みどめテープを常用しており、量を増やした。

⇒小林麻央さんがブログ KOKOROで告白したもので、噂では「フェントステープ」ではないか?と言われています。

 

・・・小林麻央さんの病状の深刻さは他にもあると思われ、言葉では言い表せないほど辛い状況が続いていると思われます。

しかし、吐き気を伴うものがあまり思い当たらないのです。

仮に痛み止めのテープが「フェントステープ」だとすると、代表的な副作用に眠気や吐き気があります。

しかし個人差が大きいと言われており、あくまでも可能性の一つでしかありません。

 

吐き気と言えば抗がん剤ですが、現在の小林麻央さんには抗がん剤に耐えられるほどの体力は厳しいと思われますし、そもそも地毛がこれだけ復活している以上、抗がん剤を再び始めた・・・とはとても思えません。

小林麻央 トマトとヨーグルトの内容で脳転移を思わせるフレーズが!?自分の勘違いであることを願うだけ・・・在宅医療では放射線治療もできないはず・・・。

 

そうなんです!!

6月10日現在の小林麻央さんの病状を考えると、足のむくみや全身の痛み、息切れや息苦しさや高熱によるダルさは理解できるのですが、吐き気どめの点滴を投与するほどの強烈な吐き気に襲われる要因が見つからないのです。

 

小林麻央さんは先日、顎への転移を告白しました。

胸から顎・・・下から上に転移しているということは、次は脳転移ということになってしまうのでしょうか?

ちなみに、脳転移の代表的な症状に吐き気があります・・・。

それに悲しい事実として、乳がんの転移しやすい臓器に脳があるのも事実なのです。

 

最初に申し上げましたが、私は小林麻央さんの脳転移は信じたくないですし、脳転移に対する確信もありません・・・。

ただ、吐き気止めの点滴を投与するほどの吐き気に見舞われているという状況が気になるのです。

 

今回は厳しいことを書いてしまい、申し訳ございません。

ただ、どうしても気になってしまったのです。

2017年6月現在・・・今の私は小林麻央さんが自分の言葉で綴ったブログ KOKOROの記事のみ、信じるようにしています。

小林麻央さんが自ら脳転移を告白していない以上、今は私の勘違いだと信じています。

絶対に勘違いです・・・そうに決まっています!!

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る