野際陽子の死去で浅野ゆう子が語る壮絶な闘病生活!2度と親友二人のツーショットは見れなくなった!

  • 2017/8/25
  • 野際陽子の死去で浅野ゆう子が語る壮絶な闘病生活!2度と親友二人のツーショットは見れなくなった! はコメントを受け付けていません。
橋本力の訃報!名俳優の死去のニュースで肺がんの恐ろしさを痛感した!

肺腺がんで死去した野際陽子さん。
親友の浅野ゆう子さんが記者会見でノーコメントだったことが記憶に新しいです。
今回「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で特集される野際陽子さんの闘病生活。
娘の真瀬樹里さんと浅野ゆう子さんが語る真実とは?
スポンサーリンク



《野際陽子死去 浅野ゆう子が見た壮絶な闘病生活》

時代はトレンディドラマが一世風靡した1988年当時。
フジテレビ系ドラマ「抱きしめたい!」で親子役で共演してから親友関係が続いていた野際陽子さんと浅野ゆう子さん。
おそらくですが、2014年に初期の肺腺がんを告知されたときに真っ先に知った人物ではないでしょうか?

野際陽子さんはその後2016年に肺腺がんが再発し、摘出手術を行っています。
その時の肺腺がんのステージは発表されていませんが、摘出手術が可能だったことから肺腺がんステージⅡa~Ⅲだったと思われます。

関係者に悟られないように、その後も3年間の間に2度の手術と抗がん剤治療を行いながら仕事を続けた野際陽子さん。
常に親友の浅野ゆう子さんは野際陽子さんのことを、自分の母親のつもりで見守っていたことでしょう。

2014年に初期の肺腺がんが発覚した時、誰が再発すると思ったでしょうか?
しかし2016年春に野際陽子さんの肺腺がんは再発・・・。
素人考えですが、肺がんは肺は呼吸によって取り組んだ酸素を体全体に運ぶ役割を持つ器官で、体のあらゆる部分と関連を持っているため、再発・転移しやすいのかもしれません。

抗がん剤と投与していた・・・と娘の真瀬樹里さんは語っていますが、今思うと撮影中は抗がん剤はしていなかったかもしれませんね。
なぜなら、野際陽子さんには抗がん剤の副作用の脱毛が見られなかったからです。


そして2017年6月13日・・・。
野際陽子さんは愛する家族に見守られながら天国へ旅立ちました。
これは私の勘ですが・・・娘の真瀬樹里さんの腕に抱かれながら旅立った野際陽子さんのすぐそばに、浅野ゆう子さんもいたのでは・・・そう思っています。
スポンサーリンク



《野際陽子死去で浅野ゆう子とのツーショットは二度と見れなくなった》

本当に仲の良かった野際陽子さんと浅野ゆう子さん。
肺腺がんが野際陽子さんの命を奪い、この素敵なツーショットを見ることはできなくなりました。

この写真を見るたびに、「抱きしめたい!」をリアルタイムで見ていた時のことを思い出します。
そして、田宮五郎さんが死去した時の浅野ゆう子さんの涙を思い出します。

トレーニングルームでくも膜下出血になり、一命は取り止めたものの左足が思うように動かせなくなってしまった俳優の田宮五郎さん。
ドラマ「白い巨塔」の主演などで有名だった田宮二郎さんの次男で俳優さんでした。
浅野ゆう子さんの恋人として、結婚も間近!と言われていたのですが、死因は不詳のまま死去してしまいます。
悲しみにくれた浅野ゆう子さん・・・。
報道をテレビで見ていましたが、本当に可愛そうだった。

そして今度は親友の野際陽子さんを失ってしまったのです。
健康だけが取り柄と自ら言っている浅野ゆう子さんですが、野際陽子さんのためにも、そして田宮五郎さんのためにも、健康で長生きしてほしい!!と願っています。

野際陽子さんと浅野ゆう子さんのツーショット。
また見たかったです・・・とても残念です。
肺腺がんで惜しまれながらもこの世を去った野際陽子さんのご冥福を、謹んでお祈り申し上げます。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 ハワイで11月も目撃されてないのに、自らブログに掲載する疑問・・・

    市川海老蔵 ハワイのホテル2軒目の名前と場所特定!移動した島はマウイだった!

  2. 小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

    小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

  3. はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

    西郷輝彦 余命とステージに注目が集まる前立腺がん再発について!

ページ上部へ戻る