市川海老蔵 24時間テレビに出演どころか、避けてたとさえ思えてしまう!何かトラブルがあったのか?

  • 2017/8/29
  • 市川海老蔵 24時間テレビに出演どころか、避けてたとさえ思えてしまう!何かトラブルがあったのか? はコメントを受け付けていません。
市川海老蔵 24時間テレビに出演どころか、避けてたとさえ思えてしまう!何かトラブルがあったのか?

市川海老蔵さんには24時間テレビに出てほしい・・・という自分なりの願いがありました。

しかし歴代視聴率第2位の大成功にも関わらず、その場に市川海老蔵さんは出演しておらず、違和感すら感じたのです。

今回は市川海老蔵さんが出演しなかった24時間テレビとの間に感じた違和感を書かせていただきます。

なぜか・・・凄い違和感を感じるのです。

《市川海老蔵 24時間テレビに出演しなかった理由はトラブル?》

分かりません!

市川海老蔵さんがなぜ24時間テレビに出演しなかったか??は市川海老蔵さん本人と、24時間テレビ制作側の人しか分からないことなのです。

ただ個人的に違和感を感じたのが、市川海老蔵さんが不自然なくらい24時間テレビと絡んでいないことです。

一番『これ凄い!』と思ったのは麗禾ちゃんとのドライブデート!!

何が凄いかと言うと、24時間テレビが始まってマラソンランナーの発表など最高潮に盛り上がっている時に、市川海老蔵さん・・・麗禾ちゃんとドライブに出掛けちゃったんです(笑)

市川海老蔵 24時間テレビに出演どころか、避けてたとさえ思えてしまう!何かトラブルがあったのか?車の中で24時間テレビを観ていたか??は分かりませんが、おそらく見ていなかったのではないでしょうか?

それだけでなく、ABKAI市川海老蔵ブログでも24時間テレビ開始後、特に応援もコメントもしていません。

あれだけ小林麻央さんがお世話になった日テレなのですが・・・意図的に絡んでいないようにさえ思えたんです。

何かトラブルでもあったのでしょうか??

スポンサーリンク



《市川海老蔵 24時間テレビに出演しなかった理由は子供の気持ちを優先したから??》

先程も書きましたが、市川海老蔵さんが24時間テレビに出演しなかった理由は分かりません。

ただね・・・。

ギャラの問題とか、スケジュールの都合とか、普通の人は考えると思うのですが・・・市川海老蔵さんの場合は違うかな?と思いました。

麗禾ちゃんとドライブに行けるくらいですから(笑)スケジュールは空いているわけです。

そこで思いついたのは、麗禾ちゃんと勸玄くんの気持ちを優先したからではないでしょうか?

まず1つは二人と一緒にいるため。

もう1つは24時間テレビに出演して、小林麻央さんに絡めた何かをすれば、また麗禾ちゃんと勸玄くんにママの死の悲しみを思い出させてしまう・・・。

そんな思いをさせたくないから、出演しなかったではないでしょうか?

最初は24時間テレビの製作側と市川海老蔵さん側でトラブル??と考えたのですが、それも違うようです。

仮に両者にトラブルがあれば、小林麻央さんが24時間テレビで映されたのを勸玄くんが見て『ママー戻って来てーと、どうしてなの?』という会話も生まれなかったはずです。

そんなことから、出演こそしていないものの・・・市川海老蔵さんと24時間テレビ側にトラブルは無かったと個人的には思っています。

スポンサーリンク



《市川海老蔵 24時間テレビを避けているとさえ思えたが・・・》

今回は、個人的に楽しみにしていた24時間テレビへの市川海老蔵さんの出演について書かせていただきました。

なぜ市川海老蔵さんは24時間テレビに出演しなかったのか?

なぜABKAI市川海老蔵ブログで、まるで避けているかのように野球観戦に行ったり、24時間テレビの話題に触れなかったのか・・・。

本当の理由は市川海老蔵さんにしか分かりません。

もしかしたら、噂通り麻央基金の発表の依頼があったにも関わらず、麻央基金の準備が整っていなかったのかもしれません。

あるいは、お涙頂戴!という雰囲気を嫌った市川海老蔵さんと、『涙と感動がテーマだ!』と制作側と衝突した可能性もあります。

24時間テレビに出演しなかった本当の理由は市川海老蔵さん本人にしか分かりませんが、やはり個人的には残念でしかたなかったです。

当初は次の舞台の稽古のため、24時間テレビの出演を断った??と思っていたのですが、まさかの野球観戦ですから(笑)

でも麗禾ちゃんはパパといれて幸せだったでしょう。

市川海老蔵 24時間テレビに出演どころか、避けてたとさえ思えてしまう!何かトラブルがあったのか?24時間テレビ2017に市川海老蔵さんが出演しなかったのは残念でしたが、市川海老蔵さんもゆっくり家族孝行できたし、24時間テレビも大成功を収めたので、良しとしましょう(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る