村野武範 余命は「いくばくもない」中咽頭がんステージ4と陽子線治療について!

  • 2017/9/23
  • 村野武範 余命は「いくばくもない」中咽頭がんステージ4と陽子線治療について! はコメントを受け付けていません。
村野武範 余命は「いくばもない」中咽頭がんステージ4と陽子線治療について!

俳優の村野武範さんが中咽頭がんステージ4であることを告白し、話題になっています。

「余命はいくばくもない」と余命宣告された村野武範さん。

今回は余命宣告されながらも、お嫁さんの協力で陽子線治療を行い活動を復帰した村野武範さんに注目してみました。
スポンサーリンク



《村野武範 病気は中咽頭がんステージ4だった》

村野武範 余命は「いくばもない」中咽頭がんステージ4と陽子線治療について!

最近、芸能人が癌であることを告白することが増えました。

しかし気になるのが、同時に浮上する病院の誤診疑惑・・・。

小林麻央さんで誤診は注目され、竹原慎二さんは医者の誤診でステージ4になったと断言しています。

それが損害賠償につながるのか?素人の私には分かりませんが、意図的ではないものの誤診と言う言葉は嫌なものです。

患者は医師を信じて診察を受けるのです。

だから・・・誤診は勘弁してほしいものです。

 

今回の村野武範さんにも誤診があったことを、ご本人が告白されています。

首にシコリができて病院に行ったら風邪と誤診されてしまいます。

しかし村野武範さんも診察内容に不信感を覚えたのでしょう。

すぐに他の病院で診察したのです。

それで早期発見につながればよかったのですが、残念ながら中咽頭がんはすでにステージ4まで進行していました。

 

中咽頭がんとは別記事でも書いていますが、図解するとここの部分に癌ができることを言います。

(図引用元:http://www.kenko-msnet.jp/)

村野武範 余命は「いくばもない」中咽頭がんステージ4の怖さ!

特徴としては40代~70代の方に多く、男性の方が女性の3倍多いと言われています。

中咽頭がんの原因に関して、以前は喫煙と飲酒と言われていましたが、最近では因果関係は低いのでは??と見解が変わってきているようです。
スポンサーリンク


《村野武範 余命はいくばくもない!5年後の生存率は?》

村野武範 余命は「いくばもない」中咽頭がんステージ4と陽子線治療について!

村野武範さんは2件目の病院で中咽頭がんステージ4を診断されたときに「余命はいくばくもない」と宣告されたようです。

おおよその検討は付くと思いますが「いくばくもない」とは僅かの時間しか残っていないとのこと・・・。

これ以上は考えないでおきましょう・・・。

素人の私たちが数カ月と判断するのはおかしいですし、余命は3年と予想することもできないからです。

 

なお、5年後の生存率のデータを見ると、中咽頭がんは42.9%というデータのようです。

情報はサイトによっても異なりますが、40~50%であることは間違いないようです。

中咽頭がんが大丈夫とは言いませんが、肺がんや膵臓癌などの内臓の癌のステージ4よりは余命は長め・・・ということはご理解いただけたのではないでしょうか??

 

中咽頭がんステージ4の場合、通常は患者のQOL(生活の質)をできるだけ損なわないように、放射線療法と化学療法が治療の中心となります。

村野武範さんの場合は、お嫁さんが最適な治療法を調べてくれたらしく、陽子線治療を行ったそうです。

初めて聞いた方もいるかもしれませんが、村野武範さんが取り組んだ陽子線治療とは、放射線の一種である陽子線を体内の病巣に照射する治療法のことを意味します。

体内の深くまで到達するのでX線やガンマ線より効果的とされているんですね。

ただ、陽子線治療の治療費は先進医療に係る費用として、一連の治療に対して288万3千円(非課税)が、患者さんの全額自己負担となると言われています。

これ以上詳細には調べていませんが、すくなくとも多くの治療費を村野武範さんは払ったようです。

しかし、その陽子線治療のおかげで村野武範さんは現場復帰を果たしました。

お嫁さんの愛で取り組んだ陽子線治療!!

「余命はいくばくもない」という余命宣告を大きく上回り、元気な姿で復帰することを願っています。

最後まで諦めないで中咽頭がんに立ち向かう村野武範さんを応援します!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る