大谷直子 病気の悪性リンパ腫で現在 死去したとの噂があるが、現在の病状はどうなのか?

  • 2017/11/10
  • 大谷直子 病気の悪性リンパ腫で現在 死去したとの噂があるが、現在の病状はどうなのか? はコメントを受け付けていません。
鶴ひろみ 死去!年齢57歳に襲い掛かった大動脈解離の予防策は無かったのか?

大谷直子さんと言えば「黒革の手帖」で活躍した女優で、2017年11月現在は67歳です。

にも関わらず、大谷直子さんが患った病気 悪性リンパ腫で死去している・・・かのような噂が広がり、それは現在もネット上で広がっています。

現在は女優業に復活されている大谷直子さんですが、病気の悪性リンパ腫とはどのような病気なのでしょうか?

そして、その病気 悪性リンパ腫の現在の病状はどのような感じなのでしょうか?

今回は女優の大谷直子さんが患った病気 悪性リンパ腫について、そして病気と闘った現在の病状についてまとめてみました。
<スポンサーリンク>


《大谷直子の病気 悪性リンパ腫とはどのような病気か》

大谷直子 病気の悪性リンパ腫で現在 死去したとの噂があるが、現在の病状はどうなのか?

肺がんや乳がん、肝臓がん、大腸がんなどは聞いたことがあるでしょう。

しかし血液の癌となると、知っている人は少なくなります。

大谷直子さんが闘った病気 悪性リンパ腫もまさに血液の癌の一つなんですね。

 

もう少し具体的に話します。

血液の癌には3つあり・・・

①白血病

②多発性骨髄腫

③悪性リンパ腫

とあるのです。

大谷直子さんの病気は③の悪性リンパ腫ですが、その悪性リンパ腫もホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分類されるのです。

ちょっと難しいですよね??

後述しましが、悪性リンパ腫にも当然ステージ分けはあります。

 

以前は血液の癌、悪性リンパ腫は不治の病と言われました。

しかし医学の進化によって、放射線療法や化学療法、新しい治療法である造血幹細胞移植や分子標的薬の治療が可能になり、治すことができる癌になったのです。

 

そもそも大谷直子さんの病気、悪性リンパ腫が白血球の1種のリンパ球が癌に突然変異して、リンパ節やリンパ管ががん化し、リンパ節の腫れやしこりとなって症状が現れる病気のこと。

日本でも年間約1万3000人が罹患し、年間約9500人の患者が死亡する病気なんですね。

悪性リンパ腫は40歳を超えた人に発症しやすいと言われている病気です。

実際に大谷直子さんが悪性リンパ腫を発症したのは57歳でした。

血液の癌・・・大谷直子さんが闘ってきた病気、悪性リンパ腫は本当に怖い病気なのです。
スポンサーリンク


《大谷直子 現在も死去の噂がながれる病気のステージは4?》

大谷直子 病気の悪性リンパ腫で現在 死去したとの噂があるが、現在の病状はどうなのか?

結論から言うと分かりません。

なぜなら、大谷直子さんの悪性リンパ腫発覚は10年も前のことですし、今のように芸能人の癌(悪性リンパ腫は血液の癌)がヤフートップニュースで騒がれるようなことがありませんでした。

大谷直子さんの場合は静かに闘病生活を送り、静かに表舞台から姿を消したので死去の噂が広がったくらいです。

情報が少ないに決まっているんですね。

 

ちなみに血液の癌と言われる悪性リンパ腫にもステージという概念はあります。

では以下をご覧ください。

 

◆ステージI

⇒がんが一か所のリンパ節に留まっている状態。

 

◆ステージII:

⇒横隔膜を境界として、がんが上半身側か下半身側のどちらか一方に留まっており、2か所以上のリンパ節に広がっている状態。

 

◆ステージIII

⇒ がんが横隔膜の上半身側、下半身側のどちらのリンパ節にも広がっている状態。

 

◆ステージIV

⇒ がんがリンパ節以外の臓器や骨髄、血液に広がっている状態。

 

・・・です。

悪性リンパ腫は他の癌と違い臓器の癌ではなく、血液の癌。

なので、イメージが沸きにくかったかもしれません。

ただ、ステージⅣの怖さは他の癌と同様ですね。

そこで大谷直子さんの悪性リンパ腫のステージは何だったのか??ということになりますが、最初に医師に言われた余命が3カ月ですから・・・おそらく悪性リンパ腫ステージⅣだったのではないでしょうか?

そのような発表がない以上、確実なことは言えませんが・・・余命3カ月から想像するにステージⅣだったように思えます。

 

そしてもう一つ!ステージ以外にも現在の「余命」が気になる方が多いと思います。

しかし、大谷直子さんが闘った病気 悪性リンパ腫に関しては余命の記載は自粛します。

なぜなら、あまりにも複雑で逆に混乱させてしまうからです。

そもそも悪性リンパ腫にはホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分類されるのですが、そのホジキン病と非ホジキンリンパ腫によっても余命は大きく異なります。

なので今回だけは悪性リンパ腫の余命の記載はしません。

 

ただ・・・余命3カ月と言われた大谷直子さんが10年間生きている・・・その事実こそが全てだと思います。

《大谷直子 病気の悪性リンパ腫と闘った結果、現在の病状は?》

大谷直子 病気の悪性リンパ腫で現在 死去したとの噂があるが、現在の病状はどうなのか?

本当の意味で、現在の病状は大谷直子さん本人しか分かりません。

ただひとつ言えることは、2017年現在 女優業に復活し、本数は少ないものの「おかしな刑事」に出演するなど、頑張っていらっしゃいます。

半年以上続いた地獄のような悪性リンパ腫の治療は終わり、現在は寛解したとも言われています。

せっかくですから、ここで捕捉しますが、癌の場合(悪性リンパ腫は血液の癌)は安易に完治という言葉は使いません。

なぜなら、血液の癌である悪性リンパ腫は他の癌に比べて再発の可能性が高いからだそうです。

ちなみに言葉の意味ですが、寛解の先に完治があると言われています。

 

確かに大谷直子さんは自身の病気 悪性リンパ腫と闘い、勝ってから10年が経過しました。

『余命3カ月だったと言われた人が10年生きているのだから、すでに完治ではないか??』と思ってしまうのですが、悪性リンパ腫の場合それはないと言われています。

現在は元気に女優業に復活している大谷直子さんですが、悪性リンパ腫という病気に完治はないとも言われているんですね。

免疫力を上げる生活をすれば再発は防げるようですが・・・今の大谷直子さんを信じましょう!!

ということで、本人じゃないと確実なことは言えませんが・・・大谷直子さんの現在の病状は至って元気!!ということでいいのではないでしょうか?

 

本数が少ないものの、女優業に復帰された大谷直子さん。

2度結婚し、2度の離婚を経験した現在、3回目の結婚があるかは分かりません。

ですが、いつまでも女性として、そして女優として輝いて欲しいですね。

大谷直子さんの今後のご活躍、心から期待しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事:悪性リンパ腫ステージ4とケモブレイン!彼女を襲った病気は凄まじいものだった。】
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る