三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!

  • 2017/11/16
  • 三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた! はコメントを受け付けていません。
はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

フジテレビの三宅正治さんが急性胆管炎で入院していることが明らかになり、関係者から心配の声が挙がっています。

三宅正治さんを襲った急性胆管炎とはどんな病気なのでしょうか?

そして、急性胆管炎になった原因や彼を襲っている症状など、急性胆管炎で死去する人がいるのか?につい調べてみました。

《三宅正治の急性胆管炎とはどんな病気か?》

胆管と言えば、女優の川島なお美さんが胆管癌で死去したことが記憶に新しいと思います。

実は、三宅正治さんが入院するきっかけになった急性胆管炎も非常に怖い病気なんですね。

話を難しくするとキリがないので、ここでは簡単に説明します。

これは、胆管について分かりやすく描かれた画像ですが・・・

三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!(画像引用元:http://medical-checkup.biz/)

この画像で描かれる肝内胆管、肝門部胆管、→上部胆管、中部胆管、下部胆管のどこかで胆汁が鬱滞することによって感染をして、炎症を起こした状態・・・それが胆管炎です。

炎症と言っても、皮膚や喉の炎症と違い、目に見えるものではないので・・・それが怖いんですね。
スポンサーリンク


《三宅正治 急性胆管炎はなぜ起こる?》

三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!

三宅正治さんの急性胆管炎が怖い病気というのと、病気の場所が分かったところで、次に原因を考えてみます。

最初から結論を書いてしまいますが、急性胆管炎のの原因の半数以上は総胆管結石・・・つまり、胆嚢でできた胆石が落ちてきて詰まったことが原因なんです。

総胆管結石にも一次胆管結石と二次胆管結石がありますが、一時胆管結石は胆汁鬱滞や細菌感染によってできた石で、もう一つの二次胆管結石は胆嚢や肝内胆管で作られた石が落ちてくるものです。

三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!

(画像引用元:http://medical-checkup.biz/)

話が難しくなるので、これ以上は書きませんが、割合的には二次胆管結石の方が多くなっています。

胆管結石以外にも良性胆道狭窄や胆道の吻合部狭窄もありますが、何よりも一番怖いのが腫瘍です。

先程の閉塞機転・・・実は15%ほどが腫瘍によるものなのです。

もちろん、三宅正治さんは違うと信じたいですね。

 

いろいろ書きましたが、急性胆管炎のもともとの始まりは菌による感染です。

風邪みたい・・・とは言いませんが、原因となる菌はグラム陰性桿菌という菌です。

菌の感染は何でも「疲れ」で解決することはできませんが、三宅正治さんの場合は極度の疲れがあったのではないでしょうか??

どちらにせよ、内視鏡による治療が施されたようなので、まずは一安心です。
スポンサーリンク



 

《三宅正治 急性胆管炎による症状》

三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!

 

さて、次に急性胆管炎の症状ですが・・・どのようなものがあるのでしょうか??

調べてみたところ、主に発熱や腹痛、そして黄疸などがあるようです。

三宅正治さんが番組を休んだ理由ですが、おそらく黄疸が出たのかもしれません。

発熱は我慢できるにしても、腹痛は立っていられないですからね・・・。

ある程度は我慢してテレビに出るアナウンサーですが、さすがの三宅正治さんと言えども、今回の急性胆管炎の症状は我慢できなかったのでしょう。

そして三宅正治さんが番組を休み、入院した本当の理由は別にあります。

それを次の章でご説明させていただきますね。

《三宅正治 急性胆管炎で死去もあり得る?余命は?》

三宅正治の急性胆管炎!原因や症状や余命に注目してみた!

実はこの急性胆管炎・・・最悪の場合はショックや意識障害、そして播種性血管内凝固や急性腎不全を引き起こし、多臓器不全で死去する場合もあるのです。

怖い事を書きますが、急性胆管炎になった場合、三宅正治さんのように適切な治療を施さずに、放っておくと確実に死去するとまで言われている、本当に怖い病気なのです。

もっと具体的に書くと・・・急性胆管炎の患者さんの内2割弱の人が重症化してしまい、適切に治療を施しても1割弱の人が死去すると言われているのです。

癌と違ってステージ分類による余命は分かりませんが、間違っても『入院したし、もう大丈夫!』という病気ではないんですね。

 

怖い事を書いてしまいましたが、三宅正治さんは大丈夫!!そう信じています。

朝の顔がまた見れることを願っています。

三宅正治さんが早く良くなりますよう・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る