Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

梅原裕一郎 病気の急性散在性脳脊髄炎による現在の病状と原因!余命という言葉との関係を考えてみた!

お笑いコンビ「キリングセンス」で活躍していたハギワラマサヒトさん。

末期の肝硬変を患い、生死をさまよいながらも、お嫁さんからの腎臓移植と提供者様からの肝臓移植で、今は見事に克服したのです。

今回は末期の肝硬変から、日本人初の腎臓肝臓移植によって、見事に克服したハギワラマサヒトさんの病気に注目してみます。

ハギワラマサヒトさんが症状と闘ってきたB型肝炎、肝硬変、食道静脈瘤、腎不全はどのような病気なのでしょうか?

【ハギワラマサヒト 病気はB型肝炎から始まった】

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

ハギワラマサヒトさんの壮絶な闘病生活の始まりはB型肝炎でした。
様子を見る・・・そんな状態で数年過ごしていたのですが、彼の体に異変が起こるのです。

B型肝炎が悪化すると肝硬変や肝がんになると言われています。

沈黙の臓器の異名を持つ肝臓・・・ハギワラマサヒトさんの場合、B型肝炎が肝硬変に悪化したのです。

 

【ハギワラマサヒト 肝硬変へ悪化する】

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

突然襲い掛かる高熱!

すぐに病院に駆け付けたハギワラマサヒトさんですが、その時に告げられた病名は肝硬変でした。

B型肝炎から肝硬変になること自体、知識はあったものの、まさか自分が・・・彼はそう思ったのではないでしょうか?

B型肝炎を通り越し、まさに肝硬変に悪化していたハギワラマサヒトさんの体。

それだけではなく、なんと食道静脈瘤までできており、いつ破裂してもおかしくない・・・そんな恐ろしい言葉も言われてしまったのです。
スポンサーリンク


【ハギワラマサヒト 食道静脈瘤が破裂】

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

ハギワラマサヒトさんはその時、初めて食道静脈瘤を聞いたのではないでしょうか?

食道静脈瘤とは肝硬変や慢性肝炎、門脈や肝静脈の狭窄・閉鎖によって、門脈圧が上昇した結果、食道の粘膜下層の静脈が太くなって破裂するという、とてもとても恐ろしい病気なのです。

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!(画像引用元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/)

いつ破裂してもおかしくない・・・そんなことを告げられたハギワラマサヒトですが、生活のためにもお笑い活動は行ってきたのです。

治療に集中したい気持ちがある一方、お嫁さんと子供1人の生活は決して楽ではなかったんですね。

 

しかし・・・体調不良を感じ、自宅のトイレで大量に吐血・・・。

とうとうハギワラマサヒトさんの体は限界に達しており、心配されていた食道静脈瘤が破裂してしまったのです。

医者に行ったハギワラマサヒトさん。

病院についても吐血は続き、3日間意識不明となったのでした。
スポンサーリンク


【ハギワラマサヒト 腎不全も発症!末期の肝硬変】

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

その時のハギワラマサヒトさんの体調はまさに限界。

腎不全を患ってしまい、まさに末期の肝硬変となっていたのです。

腎不全とは腎臓の機能が低下して、正常に働かなくなった状態のことで、急性腎不全と慢性腎不全の2種類があります。

ハギワラマサヒトさんの場合、どちらに該当したかは不明ですが、おそらく慢性腎不全だったのではないでしょうか?

急性腎不全は、腎機能が急激に(1日以内から数週間のうちに)低下するもので、回復の見込みがあります。

一方、慢性腎不全は数カ月から数十年かけて、腎機能が徐々に低下するもの。

慢性腎不全の場合、腎機能の回復は見込めず、最終的には透析や腎移植をする必要になります。

ちなみに、ハギワラマサヒトさんの腎不全が慢性腎不全だと思った理由ですが、彼は後にお嫁さんの腎臓を移植し手術が成功しています。

 

【ハギワラマサヒト 病気は多くの人の愛で乗り越えた!】

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

末期の肝硬変と闘っていたハギワラマサヒトさん。

最終的には臓器を入れ替える手段しかありませんでした。

多くの仲間たちと愛する家族に支えられ、数千万する肝臓移植に挑んだハギワラマサヒトさん。

渡米した先で衝撃的な事実が判明します。

なんと、腎不全を患っており、腎臓も移植しなくてはいけません。

そこで急遽、ハギワラマサヒトさんはお嫁さんの腎臓を移植してもらい、日本人としては初の肝臓腎臓を同時に移植する手術に挑んだのです。

 

多くの人に支えられ、手術を終えたハギワラマサヒトさんは帰国しました。

残念なことに、腎臓を提供してくれたお嫁さんとは離婚し、今は2回目の腎臓を提供してくれた二人目のお嫁さんと幸せにくらしているハギワラマサヒトさん。

お笑いタレントとしては活動しておらず、ライターとして、そして臓器移植者として講演活動を行っているようです。

ハギワラマサヒトさんの頑張る姿を見ると、諦めてはいけない!そして友情は病気をも克服する!!そんなことを感じさせられます。

ついつい金銭的なものばかり価値を見出す日常生活・・・。

ハギワラマサヒトさんに対して、本気で助けようとする爆笑問題の太田夫妻には感銘しました。

人は1人では生きていけないんですね。

支えながら生きている・・・。

ハギワラマサヒトさんの病気のことを書いて、そう感じることができました。

《関連記事:ハギワラマサヒト 肝硬変で死から救ったのは嫁からの腎臓移植だった!》
スポンサーリンク


オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

  2. 浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

    浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

  3. 山本“KID”徳郁 癌ステージを予想させる彼の行動・・・

    山本“KID”徳郁 癌ステージを予想させる彼の行動・・・

ページ上部へ戻る