はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

  • 2017/12/2
  • はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・ はコメントを受け付けていません。
はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

はしだのりひこ さんと言えば、「帰って来たヨッパライ」などのヒットで知られる「ザ・フォーク・クルセダーズ」のメンバーだった歌手。

突然の死去報道に驚かされていますが、死因となった病気の病名が発表されていないのです。

先回の記事で書いた通り、はしだのりひこ さんの死因について、個人的には筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと思っているのですが、ある根拠から脳溢血の可能性も浮上しているのです。

はしだのりひこ さんの死因となった病気・・・果たして脳溢血なのでしょうか?

今回は脳溢血について書かせていただきます。

(追記:はしだのりひこ さんの死因は、パーキンソン病の合併症による白血病であることが、正式に発表されました)

【はしだのりひこ 死因か脳溢血?脳溢血とはどんな病気?】

はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

はしだのりひこ さんの訃報が流れる中、いまだに死因となった病名は不明です。

私はある情報筋から、はしだのりひこ さんの死因は脳溢血(脳出血)ではないか??という結論に達しました。

しかし、根拠は薄く・・・10年の闘病生活から見ても疑問が残ります。

ということで、はしだのりひこ さんの死因として考えると、あくまでも可能性の一つでしかありませんが、脳溢血について簡単に説明させてただきます。

 

脳溢血は別名、脳出血とも言われており、脳出血の方が知名度が高いかもしれませんね。

脳の病気のわけですが、総称して脳卒中と言われています。

脳卒中の中に、脳溢血、脳内出血、脳梗塞、脳塞栓、くも膜下出血などがあるのです。

脳梗塞や、くも膜下出血はさすがに聞いたことがあるのでしょう。

ちなみに脳梗塞は動脈硬化や動脈硬化による血栓などが主な理由となって、血液の流れが停止してしまうことで起こる、最も怖い脳疾患と言われています。

一方、くも膜下出血は比較的太い血管にできた動脈瘤が破れて出血し、くも膜の下に出血が及ぶ脳疾患のことを指します。

そして、今回の脳溢血(脳出血)は脳内の血管(比較的細い血管)が破れることによって出血を起こす病気のことで、脳内出血と同じ意味で使われることもあります。

 

果たして、はしだのりひこ さんが10年闘い続け、死因となってしまった病気は脳溢血(脳出血)なのでしょうか??
スポンサーリンク


【はしだのりひこ 死因の発表はされるのか?】

はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

10年間闘病生活を送っていたと言われている、はしだのりひこ さんですが、果たして死因となった病気は発表されるのでしょうか?

今回は、はしだのりひこ さんの死因として考えられる可能性の一つとして脳溢血を書かせていただきましたが、正直分かりません。

個人的には先回の記事で書かせていただいた筋萎縮性側索硬化症(ALS)の可能性の方が高いと思っているからです。

音楽界の偉大な人物を失ってしまった今、死因は別に関係ないのかもしれません。

しかし、ファンの人からしてみれば、死因は知りたいはず・・・。

はしだのりひこ さんの死因が今後発表されることはあるのでしょうか?

今後の動向に注目したいと思います。

 

はしだのりひこ さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

《関連記事:はしだのりひこ 死因の病気は筋萎縮性側索硬化症(ALS)か?》

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 ハワイで11月も目撃されてないのに、自らブログに掲載する疑問・・・

    市川海老蔵 ハワイのホテル2軒目の名前と場所特定!移動した島はマウイだった!

  2. 小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

    小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

  3. はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

    西郷輝彦 余命とステージに注目が集まる前立腺がん再発について!

ページ上部へ戻る