Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!

古村比呂さんが子宮頸がんと闘病中であることは多くの人がご存知だと思いますが、古村比呂さんのブログを欠かさずご覧になられている方は少ないと思います。

私は古村比呂さんのブログに読者登録をさせていただき、毎回欠かさず読んでいますが、ブログの内容からは深刻な病状が伝わってきます。

今回は、古村比呂さんのブログから伝わってくる深刻な病状と、予想される治療方法について書かせていただきました。

古村比呂 ブログから予想できる現在の治療方法。

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!最初に結論から書かせていただきますが、古村比呂さんが実際に行っている治療方法の詳細はブログだけで判断するのは難しいです。

2018年3月29日現在、抗がん剤の4クール目が終わったことは明らかなのですが、それ以外の治療法に関してブログにも書かれていないためです。

今から6年前・・・最初に古村比呂さんに子宮頸がんが発覚し、子宮の摘出手術を行った時、抗がん剤治療が5回と放射線治療が28回あったと本人が話していました。

しかし、再々発を告白したときは、肺転移というステージ4Bを示す病状は明らかにしたものの、治療方法に関してはブログでも書かれていなかったのです。

 

現在分かっているのは抗がん剤が4クール目に入ったこと。

ちなみに少し難しい話になりますが、子宮頸がんの際に投与する抗がん剤の種類はパクリタキセル、シスプラチン、カルボプラチン、ネダプラチン、イリノテカンなどがあり、投与するタイミングや回数などもすべて異なります。

具体例として、パクリタキセルとシスプラチンを合わせて投与すると医師が判断し、初日にパクリタキセル、2日にシスプラチンを投与したりします。

他にも色々な組み合わせがありますが、あまりにも難しいので止めましょう(*’▽’)

 

現在、4クール目の抗がん剤治療に入っている古村比呂さん。

ブログを見る限り、当初行っていた放射線治療は行っていないように思えます。

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!なお、放射線治療は病巣が1か所に留まっている時に行うことが多く、遠隔転移していると抗がん剤が一般的にようです。

 

古村比呂さんは肺に遠隔転移しているので、おそらく抗がん剤治療だけなのかもしれません。

ブログから判断できる古村比呂さんの治療方法はこんな感じでした。

少しずつ、眉毛やまつ毛が伸びてきて、古村比呂さんらしさが戻ってきましたね(^.^)
<スポンサーリンク>


古村比呂 ブログから予想できる深刻な病状。

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!

最近の古村比呂さんはブログでしか見れませんが、ブログを見る限り、病状はかなり辛そうです。

多くの人は、抗がん剤の副作用と聞くと、吐き気と抜け毛しかイメージできないと思いますが、実際はもっと壮絶です。

古村比呂さんもブログで『怠さ、吐き気、痺れ、血圧アップなど』と書いていることから、予想していない副作用に見舞われているようです。

私の親戚も、生まれつき低血圧だった女性ですが、抗がん剤投与後は高血圧の症状が出て本人も驚いていました。

抗がん剤の副作用は症状が辛いのはもちろんのこと、体の体質まで変えてしまう力があるんですね、

ちなみに抗がん剤の副作用は、人によっても異なりますし、抗がん剤の種類によっても異なります。

古村比呂さんに襲い掛かっている副作用ですが、ブログを見る限り、かなり辛い病状のようです。

 

古村比呂 ブログで回復の報告を期待しています!

古村比呂 ブログで分かる深刻な病状!子宮頸がんステージの生存率を超越してほしい!

今回は、子宮頸がんと闘っている古村比呂さんについて書かせていただきました。

ブログを見る限り、白血球の数が減少して抗がん剤をストップするなど・・・かなり辛い様子が伝わってきます。

そんな辛い中でも、前向きでポジティブな言葉をブログで発信している古村比呂さん・・・。

時より掲載する景色の写真は、あの頃に小林麻央さんが書いていたブログ KOKOROを思い出させてくれます。

小林麻央さんは叶えることができなかった奇跡の回復・・・。

古村比呂さんの子宮頸がんステージが末期のことはすでに知っていますが、それでも乗り越えてほしい・・・。

森元首相だってステージ4から生還してますし、俳優の小西博之さんだって見事に打ち勝っているのです。

難しいのは事実でも、無理と決まったわけではありません。

抗がん剤の副作用辛いと思うけど・・・乗り越えて、回復に向かってほしい・・・。

末期がんから回復した女優として、映画やテレビで復帰されることを心から願っています。

古村比呂さんが回復に向かいますように・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


ページ上部へ戻る