Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!

子宮頸がんステージ4と闘っている女優の古村比呂さん。

子宮頸がんの治療方法は抗がん剤以外にもありますが、古村比呂さんは抗がん剤治療のみを行っているようにブログから読み取れます。

古村比呂さんが子宮頸がんと闘う術はもはや抗がん剤しかないはず・・・。

そんな彼女がブログを更新し、抗がん剤が延期になったことを、また発表しました。

古村比呂さんの余命を左右していると言っても過言ではない、抗がん剤治療の延期と血小板減少について書かせていただきます。

古村比呂 余命を伸ばす抗がん剤治療!

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!子宮頸がんと闘う古村比呂さんにとって、まさに抗がん剤は頼みの綱と言えます。

『え?子宮頸がんと言っても、他にも治療法はあるでしょ?』

と思われたかもいるかもしれませんので、まずは古村比呂さんの現在の子宮頸がんの状況と治療法をご案内します。

 

(古村比呂さんの子宮がんステージは4B)

2012年に発症した子宮頸がんが2017年3月に再発し、2017年11月には再々発・・・。

その際に、2017年11月の再々発時には、肺とリンパ節に転移していることが分かりました。

この画像はhttp://www.saimiya.com/様の画像を引用させていただいたものです。

肺に転移している絵は、子宮頸がんのステージ何ですか?

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!赤く囲んであるのでお分かりだと思いますが、肺に転移した絵は子宮頸がんステージ4Bを示しているのです。

ステージ5は存在せず、ステージ4Bはまさに末期の末期・・・。

5年後の生存率も10%前後と、かなり厳しい数字になります。

 

(ステージ4の子宮頸がんに有効な治療法!)

次に、子宮頸がんの各ステージごとの治療方法をご覧ください。

こちらの画像はhttps://ganjoho.jp/様の画像を引用させていただきました。

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!こちらも赤く囲みましたが、子宮頸がんのステージ4となると、治療方法は抗がん剤と緩和医療しかなくなるのです。

緩和ケアは小林麻央さんの乳がん治療の時にQOLなどの言葉と一緒に有名になりました。

緩和医療・・・治療と言うよりは、痛みを感じることなく静かに死を待つ・・・に近い言葉になります。

緩和医療を専門に行う場所をホスピスと呼んだりもしますが、そこには治療という概念はありません。

治ることよりも、残された余生を少しでも楽しく過ごすことを目的とした医療・・・それが緩和医療なのです。

 

そして、もう一つが抗がん剤!

抗がん剤は非常に副作用がキツイですが、治療の一つです。

2018年8月現在、古村比呂さんは抗がん剤治療を続けています。

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!つまり、子宮頸がんを撲滅するように今でも頑張っているということを意味しています。

吐き気と脱毛、手の黒ずみや手足のしびれ・・・。

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!多くの副作用と闘いながら、今でも古村比呂さんは抗がん剤治療を行い、必死に子宮頸がんと闘っているのです。

 

先程の治療方法の一覧でお分かりいただけたのではないでしょうか?

ブログでは精一杯の笑顔を見せてくれる古村比呂さんですが、かなり無理していることが予想されます。

子宮頸がんは肺に転移し、きっと肺への症状も出ていることでしょう。

緩和ケアを感じる文字はありませんので、今は抗がん剤治療を行いながら、まさに必死に生きようとしているのです。

抗がん剤こそが最後の砦!

古村比呂さんの余命を伸ばそうと闘ってくれているのです。
<スポンサーリンク>



 

古村比呂 余命を左右する抗がん剤が延期になった理由!

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!そんな抗がん剤中心の治療を行っている古村比呂さんですが、本日8月21日のブログでも行えずに延期になったことが書かれていました。

理由は血小板の数が足りないこと・・・。

血小板が少なければ、止まるはずの血も止まらずに大変なことになってしまいます。

人間が擦り傷を負っても治るのは、血小板によって血が固まって治ろうと体が働くため・・・。

しかし、血小板が少なければ、いつまでも血が止まらず回復しようとしないのです。

 

古村比呂さんに起こった理由は、抗がん剤治療の副作用によって骨髄機能に障害が出ているためです。

子宮頸がんを倒して余命を長くするために抗がん剤が、力が強すぎるが故、皮肉にも副作用を及ぼして抗がん剤投与を中断してしまっているのです。

 

ちなみに血小板の数に関しては、抗がん剤治療を止めれば正常値に近づきます。

しかし抗がん剤を止めるということは、確実に癌細胞がリンパ節を経由して更に広がることを認めることにもなるのです。

だから抗がん剤を止めれない・・・。

そんな状態に古村比呂さんはいるのです。
スポンサーリンク



 

古村比呂の余命は抗がん剤を止めると、どうなる?

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!先程の表でもお見せしましたが、子宮頸がんステージ4Bの状態にある古村比呂さんにとって、施せるのは抗がん剤治療と緩和医療のみ・・・

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!

中でも、治療と言えるのは抗がん剤治療しかありません。

手術は行っていますし、放射線治療に関しても実施したはずです。

抗がん剤は癌細胞を破壊する治療ですが、力が強すぎて正常細胞も壊してしまう治療法でもあります。

世の中には、抗がん剤の副作用が強すぎるため反対派の人もいるくらいです。

ですが、少なくとも今の日本の医学では最良の治療とも言われているのも事実・・・。

私が見る限り、古村比呂さんには抗がん剤しかないように思えてしまいます。

 

先日のブログで3種類の抗がん剤が、古村比呂さんの免疫を考慮した結果、1種類に減らすことが書かれていました。

古村比呂 余命を左右する抗がん剤治療も血小板減少で行えず!古村比呂さんは喜んでいるようですが、それは回復に向かっていることとは違うように思えます。

担当医は仕方なく1種類に減らしたはずなのです。

それでも、抗がん剤を続ける以上は子宮頸がんに立ち向かっているはず!

 

しかし・・・抗がん剤を止めてしまったら、それは子宮頸がんを受け止め同居を認めることになります。

その時は、緩和医療に切り替え、日々を幸せに過ごしながら静かに死を待つことになってしまうでしょう。

できれば、そんな報告はブログで見たくはありません。

だからこそ、辛くても抗がん剤治療は続けてほしい!

諦めないで子宮頸がんと闘い、余命を正常の長さに戻してほしい!!

そう願っています・・・。
スポンサーリンク


オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

  2. 浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

    浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

  3. 山本“KID”徳郁 癌ステージを予想させる彼の行動・・・

    山本“KID”徳郁 癌ステージを予想させる彼の行動・・・

ページ上部へ戻る