Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山本 kid 徳郁 がん闘病を公表した理由はなぜ?何ガンなのか病名を公表せずにインスタで告白した理由とは?

渡哲也 弟が死去した際の葬式会場は極秘!病室に飾って合ったのは家族写真・・・

闘病を告白していた山本“KID”徳郁さん。

タトゥーがトレードマークの格闘家でしたが、癌闘病に勝てずに死去してしまいました。

何ガンなのか?癌の名前を最後まで公表しなかった山本“KID”徳郁さん・・・。

にも関わらず、自身の闘病のことはインスタで公表したのです。

病名は隠しても、なぜ彼は癌闘病を告白したのでしょうか??

そんなことを、今日は考えてみました。

山本“KID”徳郁 がん闘病を告白する必要はあったのか?

山本 kid 徳郁 がん闘病を公表した理由はなぜ?何ガンなのか病名を公表せずにインスタで告白した理由とは?

これが不思議でした。

最近、確かに山本“KID”徳郁さんの激やせがネットで噂されてきましたが、知らない人も大勢いたのです。

アメブロで広告収入を稼ぐこともしていないようですし、そもそもガン公表をしたのもインスタでした。

無理に「がん闘病」を告白する必要がなかったように思える山本“KID”徳郁さん。

彼はなぜ、わざわざインスタで「がん闘病」を告白したのでしょうか?

こればかりは、山本“KID”徳郁さん本人や身近にいた人にしか分からないのかもしれません。

多くの人に心配をかけはじめたから、その人へのメッセージだったのか?

応援してくれたファンへの真摯な姿勢だったのか??

いくら考えても分かりません。

山本“KID”徳郁さんの死因となったガンの名前に注目が集まっていると思いますが、私はむしろ彼が「がん闘病」をインスタで告白した理由の方が気になったのです・・・。
スポンサーリンク


山本“KID”徳郁 がん闘病を告白しても、病名を明かさなかった理由

山本 kid 徳郁 がん闘病を公表した理由はなぜ?何ガンなのか病名を公表せずにインスタで告白した理由とは?

死去した今だからこそ思うのですが、おそらく車椅子の写真がスクープされた時点で余命宣告はされていたのではないでしょうか?

消化器系のガンは分かっているものの、山本“KID”徳郁さんは何ガンなのか?がんの名前は決して公表しませんでした。

がん闘病をインスタで公表しつつも、癌の名前を公開しなかった理由・・・。

それはおそらく、癌の名前を告白した時点で癌ステージや余命に関する噂がネットで広がるのを嫌ったのでは?と思ってしまいます。

闘病で考えれば、グアムよりも日本の方が適しているように思えます。

にも関わらず、病名を隠してグアムで闘病生活した山本“KID”徳郁さん。

車椅子に乗っている様子や、徐々に激やせしていく姿を週刊誌にスクープされることを嫌ったのでしょう。

言葉は悪いですが、最期くらいはしずかに家族と余生を過ごしたい・・・そんな彼の言葉が聞こえてくるような気がします。

 

感動的なファイトを数多く見せてくれた山本“KID”徳郁さん。

がん闘病は本当に辛かったと思います。

言葉では表せない程の痛みとも闘ったことでしょう。

だからこそ、今はゆっくり休んでほしい・・・。

そう願っています。

この場を借りて、山本“KID”徳郁さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
スポンサーリンク


オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

    岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

  2. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

  3. 浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

    浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

ページ上部へ戻る