Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

桜田五輪担当大臣に辞任 要請のような声が止まらない!『がっかりしている』の声が本人に跳ね返っているが、今後はどうなるのか?

桜田五輪担当大臣に辞任 要請のような声が止まらない!『がっかりしている』の声が本人に跳ね返っているが、今後はどうなるのか?

東京オリンピックの候補として競泳女子のエースとして頑張っていた池江璃花子さんが白血病を公表し、同時に東京オリンピックへの参加が難しくなったといわれる中、ネットでは桜田五輪担当大臣の『がっかりしている』発言が炎上しています。

これだけの炎上は桜田五輪担当大臣も予想はしていなかったと思いますが、ネットでは桜田五輪担当大臣に辞任してほしい!という厳しい声まで浮上している始末なのです。

今回は池江璃花子さんの白血病発表とは別の場所で起きている『がっかりしている』問題に注目してみました。

《桜田五輪担当大臣の『がっかりしている』発言を振り返る》

桜田五輪担当大臣に辞任 要請のような声が止まらない!『がっかりしている』の声が本人に跳ね返っているが、今後はどうなるのか?

ヤフーニュースにも取り上げられたくらいなので、多くの方がすでにご存じだと思いますが、池江璃花子さんが白血病を公表したのち、五輪担当大臣として桜田義孝さんが記者会見に応じました。

それ自体は問題ないのですが、問題視されているのは桜田五輪担当大臣の発言した言葉だったのです。

一部を引用させていただきます。

「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている」

「1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」

これですね・・・どう思われますか?

確かに桜田五輪担当大臣がおっしゃっていることは東京オリンピック開催という視点で見れば合っています。

オリンピックを無事に成功させる!という視点だけで見れば・・・ですが・・・。

 

忘れてはいけないのは、東京オリンピックは多くのスポーツ選手が努力の結果を競い、そこにある感動をみんなで共有する世界レベルのスポーツ大会!!

 

つまり、オリンピックは多くの人の夢と願い、そして希望が集まった大会であり、あくまでも人がいるからできるものでもあるのです。

しかし桜田五輪担当大臣の発言は、池江璃花子さんをオリンピックを成功するための一つのコマとしてしか見ていないような発言にも捉えれます。

もちろん桜田五輪担当大臣もそのつもりはないと信じたいのですが、言葉は『どう言ったか?』よりも『どう伝わったか?』ですからね・・・。

 

桜田五輪担当大臣もオリンピックを成功させたい気持ちをアピールしたかったのは分かりますが、池江璃花子さんを一人の人間として元気になってほしいという気持ちよりも、東京オリンピックを成功させたい!という気持ちの方を優先しているように聞こえたので、世間が爆発したのでしょう。

昔であれば、言葉の失態も翌日の朝刊に載るだけで済みましたが、いまではリアルタイムで世界中に拡散される時代・・・。

桜田五輪担当大臣もご自身の発言を深く後悔されているのではないでしょうか?
スポンサーリンク



《桜田五輪担当大臣 がっかりしている発言で辞任なるか?》

桜田五輪担当大臣に辞任 要請のような声が止まらない!『がっかりしている』の声が本人に跳ね返っているが、今後はどうなるのか?

名前こそ出しませんが、以前に政治家のスキャンダルのニュースを見続けている時、結局最後に辞任するまでマスコミが追い込んだのを覚えています。

というか、何かの疑惑が浮上し、今でも政治家を続けている人の方が少ないと言っていいでしょう。

 

桜田五輪担当大臣が政治家か?と言うとちょっと違うような気がしますが、少なくともツイッターで猛烈批判をしている人たちからみれば政治家のように見ていることは間違いないはず。

明日も明後日も桜田五輪担当大臣の『がっかりしている』発言に対して批判は集まると思うので、もしかしたら大臣本人からお詫びのコメントもあるかもしれません。

しかし・・・これは予想ですが、そのお詫びでさえ『本心とは思えない!』という批判が浮上するような気がしてならないのです。

 

過去に起こった政治家のスキャンダルで例えるのであれば、桜田五輪担当大臣が辞任するまで批判は続くような気がしてなりません。

とはいえ、東京オリンピックを成功させなくてはいけないのも事実なので、今回の件で辞任するのか??と聞かれるとちょっと微妙な感じがします。

 

池江璃花子さんの白血病とは別の場所で起こっている今回の桜田五輪担当大臣の『がっかりしている』騒動・・・。

果たしてこの騒動は何もなく収束するのでしょうか?それとも桜田五輪担当大臣の辞任という結末になってしまうのでしょうか??

個人的には池江璃花子さんのお身体の方がずっと大切ですが、今後の動向を静かに見守っていたいと思います。
(※池江璃花子さんも自分の病気が東京オリンピックに影響していないか??心配されていると思うからです)

スポンサーリンク


ページ上部へ戻る