Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

渡瀬恒彦 降板した9係!おみやさん で復帰するも9係復帰は叶わぬ夢となった・・・

滝川英治 ドクターX 、下町ロケット俳優の現在の容態は?!代役探しに追われる中、彼の容態について考えてみた!

渡瀬恒彦さんは9係(警視庁捜査一課9係)の降板を拒否続け、9係での復帰を願い胆のうがんと闘ってきました。

しかし渡瀬恒彦さんは死去・・・おみやさん で復活した名俳優も9係では復帰叶わず、降板してしまったのです。

今回は9係を降板した加納倫太郎こと渡瀬恒彦さんの闘病生活と俳優魂、そして胆のうがんの怖さに注目してみました。

スポンサーリンク




《渡瀬恒彦 降板を拒み続けた9係》

渡瀬恒彦さんが胆のうがんが明かされたのは2016年6月だったと記憶しています。

スクープされた・・・というよりは、渡瀬恒彦さん本人が女性セブンで告白したことが始まりでした。

しかし、ご存知なかった人も多いのではないでしょうか?

なぜなら、今でも乳がんステージⅣと闘っている小林麻央さんの乳がんを市川海老蔵さんが告白した時期と重なっているため、注目がそちらに集まってしまったためです。

 

渡瀬恒彦さんは胆のうがんを告白後も仕事を続けたものの、ガンは試練を与え続けます。

告白後の翌月、7月には『おみやさんSP2』の京都ロケで体調不良でダウンしてしまいます。

東京から奥様が駆けつけて、つねに渡瀬恒彦さんを支えて続けていたのです。

その後、樹木希林さんなどが通っていたとされる鹿児島のクリニックで放射線治療を行い、病気とも向かい合っていました。

しかし渡瀬恒彦さんの病状の悪さはもう一つの降板で明らかになります。

『西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ』を降板したのです。

十津川警部=渡瀬恒彦さんのイメージが強く、個人的に大好きだったので非常にショックでした。

 

その後病状が悪化するも、渡瀬恒彦さんの役者魂は衰えません。

2016年1末からスペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」に撮影にも挑みます。

おそらく体は悲鳴を上げて、限界を超えていたことでしょう。

しかし空手2段という気力と体力の持ち主 渡瀬恒彦さんはそれでも弱音は吐きません。

 

そして多くの人が期待した9係(警視庁捜査一課9係)・・・彼の姿はありませんでした。

「テレ朝さんや東映さんが許可してくれなければできない。それを“みんなでやってみようよ”と言ってもらえた」

彼の『警視庁捜査一課9係』への想いの強さは痛いくらいに分かります。

しかし、渡瀬恒彦さんの体を襲った胆のうがんは彼から健康のみならず、役者という生きる意味まで奪い去ってしまったのです。

スポンサーリンク




《渡瀬恒彦 9係を降板させた胆のうがんのステージと怖さ》

胆のうとは、肝臓の下にある臓器で、肝臓でつくった消化液を溜める袋のような形をしています。

人が生きていく上で非常に大切な臓器なのですが、胆のうに腫瘍ができる胆のうがんは非常に恐ろしい病気に豹変するのです。

なぜなら、胆のうがんは自覚症状が出にくいのため、早期発見がかなり難しく、見つかった時には多部位に転移していて手術ができない場合も多いため・・・。

おそらく渡瀬恒彦さんの胆のうがんも同じ状態だったと思われます。

 

9係の降板が話題になり、ネットでは激やせ写真に関する検索など、以前から渡瀬恒彦さんの胆のうがんは話題になっていました。

しかし、自ら胆のうがんを告白した渡瀬恒彦さんですが、胆のうがんのステージは決して発表しなかったのです。

渡瀬恒彦さんの胆のうがんのステージはどこに位置していたのでしょうか?

死去された今、胆のうがんのステージは大切なのかは分かりません。

ただ、渡瀬恒彦さんが胆のうがんを告白するも、ステージについて告白しなかったのは、関係者から仕事を止められることを予想したため・・・ではないでしょうか?

そして私が考える渡瀬恒彦さんの胆のうがんステージですが、おそらく遠隔転移した後のステージⅣだったと思います。

ちなみに早期発見が難しいと言われる胆のうがんの5年後の生存率・・・つまり余命はかなり厳しい数字を表しています。

ステージⅠ・・・90.1%

ステージⅡ・・・74%

ステージⅢ・・・41.9%

ステージⅣ・・・5.4~24.0%

といった感じです。

ステージⅣで差があるのは、転移した臓器によって生存率が大きく異なると思われるためです。

 

渡瀬恒彦さんに最初に胆のうがんが発覚したのは2015年夏・・・。

1年後に週刊誌に告白し、そして役1年半後に死去・・・早すぎる死でした。

 

渡瀬恒彦さんの生き方から多くのことを学んだ気がします。

仕事に対する(彼の場合は撮影)生きざまなど、とても凡人ではマネできないレベルだと感じていました。

最後まで役者として生き抜いた渡瀬恒彦さん・・・ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

今まで多くの夢と感動をありがとうございました。

スポンサーリンク




オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

    岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

  2. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

  3. 浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

    浜尾朱美 現在の画像でなく過去の画像が掲載される理由!息子や旦那の謎についても考えてみた!

ページ上部へ戻る