Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小林麻央 死去が7月6日の予想は信じない!だが速報で報じられる市川海老蔵が医師とのやり取りで大変なのは、彼が言う以上信じる!

パットトーピー 病気から現在は解放され、天国でドラムを叩いていると思う・・・

小林麻央さんの闘病中・・・日々検索していると、「死去」の言葉が消えることはありませんでした。

そして小林麻央さんの死去が現実になってしまった今も、その言葉は残っているのです。

「死去」とセットで浮上するのが7月6日・・・そんな予想は信じていませんでしたが、結果的には更に短くなってしまいました。

今回は、小林麻央さんに浮上する言葉の中で、私が一番嫌いな言葉「死去」について向かい合ってみます。

スポンサーリンク




小林麻央 余命が7月6日という予想は信じなかった!

 

まず最初に!今回のブログ記事で一番伝えたいことを書かせていただきます!!

小林麻央さんが頑張って闘病している時、私は小林麻央さんに浮上する「7月6日に死去」らしきキーワードを絶対に信じませんでした。

人はいつか死にますから、死去という言葉は別にしても、7月6日という日付の根拠が意味不明だったのです。

 

一応調べました・・・。

7月6日は公認会計士の日であり、ピアノの日でもあるようです。

過去には内閣の総辞職など、いろいろな出来事はあったようですが、小林麻央さんには全く関係ありません!!

確かに鼻にチューブを入れている深刻な病状は6月当時は事実ですし、座薬に頼らなければいけないほど、骨転移による全身の痛みも事実でした。

小林麻央さんの病状が極めて深刻であることは事実だとしても、7月6日に死去するなんていうのは、冗談でもキツすぎて笑えなかったのです!!

小林麻央さんに浮上する「余命」という文字も見飽きた感じがしますが、余命と死去では同じようでも、やはり違う意味を感じていました・・・。

 

当時は感情的になり、小林麻央さんに浮上する「7月6日に死去」を予想するかのような言葉を、まずは否定していました。

でも結果的には6月22日・・・悲しい形で予想は変わってしまったのです。

自分の未来は自分で切り開くもの・・・だから小林麻央さんの未来は小林麻央さんが切り開いてほしかった・・・。

7月6日・・・私は小林麻央さんがブログ KOKOROで素敵な笑顔の画像を公開してくれることを信じていました!

スポンサーリンク


小林麻央に関する市川海老蔵のコメントで病状の深刻さは信じていた。

 

アメンバー限定記事だったブログ KOKORO「課題」。

多くの記事を更新してきた小林麻央さんですが、個人的には「課題」が一番心に残っている記事かもしれません。

アメンバー限定記事のため「課題」の内容は書けませんが、ある場所で小林麻央さんについて書かれている記事の内容があまりにも真実とかけ離れているため、それについて自分の気持ちを書いてしまった・・・という後悔の気持ちが綴られていました。

噂によると、女性週刊誌で報じられた内容と言われています。

確かに小林麻央さんが私たちブロガーが書いている記事を一つ一つチェックしているとは思えません。

たまたま置いてあった週刊誌の情報に目が行ったのか??

どうでしょう・・・それは分かりません。

ただ、私がその時感じた「書くことに対する責任」は非常に大きなものでした。

 

それからなんです!!

私はそれ以降、小林麻央さん自身の言葉、そして市川海老蔵さんと小林麻耶さんの発する言葉以外を信じない!!と決めました。

そんな時に市川海老蔵さんが「白熱ライブ ビビット」でコメントした内容に関する速報が入ってきたのです。

■舞台の合間でも、常に医師とやり取りをしている。

■小林麻央さんの生きる目標にするために、7月の「七月大歌舞伎」に勸玄君を出演させる。

という内容でした。

舞台の合間でも、主治医の先生とLINEなどでやり取りを欠かさなかった・・・とのことですが、主治医の先生は小林麻央さんのマンションにずっといたのでしょうか??

最初はそんなことも考えましたが、実際に小林麻央さんの容態が急変した時、小林麻央さんのお母さまから市川海老蔵さんに送られたLINEの内容を判断するに、それはなかったようです。

小林麻央さんの容態が急変した時、お医者さんは緊急で自宅マンションに駆け付けてくれたんですね。

 

LINEで担当医と常に連絡を取っていた市川海老蔵さん・・・愛情と責任感は感じますが、常に小林麻央さんの病状に目を配る必要がある・・・それほど闘病生活が緊迫していたのでしょう。

 

しかし!!だからと言って!!何度も言いますが7月6日に死去するは信じていませんでした!!

でも結果的には6月22日・・・。

小林麻央さんが天国に旅立った今、ふと考えることがあります。

小林麻央 死去が7月6日の予想は信じない!だが速報で報じられる市川海老蔵が医師とのやり取りで大変なのは、彼が言う以上信じる!この予想通り、小林麻央さんが7月6日に死去していたら・・・7月6日まで生きていたら・・・この記事を追記更新している7月2日も生きていることになる。

 

7月6日まで生きていたら・・・小林麻央さんは麗禾ちゃんや勸玄くんと、どんな楽しい会話をしていただろう・・・と考えてしまいました。

 

この記事は最初6月12日に書かせていただきました。

そして今日は7月2日・・・小林麻央さんは既に天国へ旅立っています。

絶対に7月6日の死去は信じない!!と強い信念を持っていた当時の自分を思い出します。

正直、今でも小林麻央さんが死去したことを受け入れられない時があります。

それどころか、7月21日に家族全員で笑顔でケーキを囲む、最高の35歳の誕生日を過ごせると思っている自分がいるのです。

でも・・・私は思いました。

多分、市川海老蔵さん、小林麻耶さん、そして麗禾ちゃんと勸玄くんはママのお誕生日会をするのではないでしょうか?

ママは天国でも、ママずっと一緒・・・そんな気がしたのです。

そう!小林麻央さんはずっとブログ KOKORO(心)でつながっているのです。

 

 

これからも、私たちのそばには小林麻央さんがいてくれると信じています。

ブログ KOKOROの更新は英訳され、再開されています。

これからも、ずっとずっと心でつながっていると信じています。

小林麻央さんの訃報が報じられた直後の関連記事のリンクをご用意しました。

《関連記事》

小林麻央 市川海老蔵の会見内容!最期の言葉は『愛してる』。今はただ、安らかに・・・と伝えたい。
 ◆小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ページ上部へ戻る