Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

nosukeの病気を売名行為!だと書かれたmisonoが可哀想だと思う件・・・

nosukeの病気を売名行為!だと書かれたmisonoが可哀想だと思う件・・・

今回はいつもと書く内容が違います。

misonoさんが可哀想だな・・・って思って・・・。

夫のNosukeさんが精巣がんによる胚細胞腫瘍を発表してから、確かにmisonoさんがネットで掲載されることは増えました。

夫の手術を控え、精神的にも体力的にもつかれているに、ネットでは『Nosukeの病気を売名行為に使っている!』とまで書かれる始末・・・。

今回はそのことについて、素直な意見を書かせていただきたいと思います。

今回は病気の内容ではありませんが、お時間がある方はお読みいただけると嬉しいです。
<スポンサーリンク>



Nosuke病気売名行為?本当にそうなの?

nosukeの病気を売名行為!だと書かれたmisonoが可哀想だと思う件・・・今回の報道・・・私も同感でした。

確かに『重大発表!』などで注目を集めたあとで、大したことなかった・・・という売名行為的な宣伝は以前のmisonoさんから感じたのは事実です。

歌そのものというよりも、倖田來未さんの妹ということや、挙式の回数など注目を集めるプロ??的な要素は感じていました。

また、それによって賛否両論なのも頷けます。

 

でも、最愛の夫の病気は別!!

私も身内に乳がん患者がいますが、近所の人や会社の人に『病気のことを言いふらしたい!』なんて思ったことありません。

乳がんは女性とって、シンボルをも失う病気・・・。

痛みや抗がん剤の副作用以上に、女性である誇りを取られるほど辛い病気なのです。

nosukeの病気を売名行為!だと書かれたmisonoが可哀想だと思う件・・・

それはNosukeさんも同じではないでしょうか?

精巣がんは男性の精子を作る場所に関係していますよね?

それ以上は解説しませんが、男性としての機能に大きく関係している部分を切除した!と報告しているのですよ!!

それなのに売名行為ですって??

それはいくらなんでも可哀想ではないですか??

 

確かに小林麻央さんのブログ KOKOROは病気を話題にすることによって、社会現象になるほどの注目を集めました。

あのブログも『広告収入目当てだ!』という心無い発言をした人をたくさん見てます。

でもね、それって他人だから言えることだと思っています。

自分の家族に癌患者がいたら、最愛の人が発病したら・・・そんなこと言えるでしょうか??

 

今回は少し感情的になってしまいましたが、Nosukeさんの病気に関してmisonoさんの売名行為発言に関して、どうしても我慢できなかったので意見させていただきました。

misonoさんは別に好きでもなかったけど(ごめんなさい)、今は本音で応援したいと思います。

misonoさんはお医者さんではないので、直接は病気に対して何もできないと思います。

でも、Nosukeさんの心の支えであったり、生きる希望や生きることに対する幸せを与えられるのはmisonoさんだけです。

今は二人を愛の絆を信じて、病気が良くなることを願っています。

 

これからもNosukeさんの病気に関しては、応援も含めて書いていくことでしょう。

しかし、売名行為!に関する内容は今回で最後にしたいと思います。

最後まお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. globe KEIKO 現在の病状!写真アップで復活もファンから期待されている!
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. Nosukeに余命の噂が浮上!病気のステージに関する検索が増えているが、実際はどうなのか?

  2. nosukeの病気を売名行為!だと書かれたmisonoが可哀想だと思う件・・・

    岩橋玄樹が神宮寺勇太との喧嘩で告白した病気「パニック障害」。原因は悲しい彼の少年時代だった。

  3. 山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

    山本kid徳郁の激やせで胃がんでは?と思った理由・・・

ページ上部へ戻る