小林麻央 顎転移は「上顎がん」か?病名などが不明だが、今はただ痛みを緩和してほしい・・・

小林麻央さんは5月26日に更新したアメンバー限定記事「顎」で、衝撃の顎転移を告白しました。

今までも乳がんの肺転移、骨転移、皮膚転移を告白した小林麻央さんですが、新たな顎転移はあまりにも衝撃的な内容と画像だったのです。

アメンバー限定記事ということで、内容を転載・引用できませんが、今回は顎に転移した場合の病名について、自分なりに調べてみました。

小林麻央 顎転移の病名は「上顎がん」か?!

 

顎転移を告白した小林麻央さんですが、病名については書かれていません。

肺に転移すれば、誰が考えても肺がんと判断できます。

しかし顎に転移して、顎が痛い癌・・・と検索しても、顎骨腫瘍や歯肉がん、上顎がん・・・などがあるのです。

その中で、小林麻央さんが訴えている症状に一番違いのが、「上顎がん」のように思えました。

 

アメンバー限定記事のためブログ KOKORO「顎」の内容をネタバレすることはできません。

それに画像も掲載できないのです!!

推測でしかありませんが、小林麻央さんに起こっている顎転移の病名を「上顎がん」と想定して、説明したいと思います。

ただし、もう一度申し上げますが、「上顎がん」は私の予想であり確定ではありません・・・それを予めご了承願います。

スポンサーリンク


小林麻央 顎転移を「上顎がん」だと想定してみる!

 

肺がんや胃癌、肝臓がんなどは聞いたことがあると思いますが、果たしてどれだけの方が「上顎がん」をご存知でしょうか?

私は自分の身内の闘病生活や小林麻央さんのことで、かなり癌は勉強したつもりでした・・・。

しかし、恥ずかしながら「上顎がん」の存在を知らなかったのです。

 

「上顎がん」には、鼻つまりや鼻血などの症状が出る内方進展型、頬が腫れる側方進展型、そして頭痛、複視、眼球突出、頬部・上口唇の知覚障害の症状が出る上方進展型があります。

他にも、上顎の疼痛、知覚が鈍る下方進展型や知覚障害も引き起こす前方進展型、そして口が開けにくくなる後方進展型などがあるのです。

小林麻央さんの場合は、どれが該当しているのかは不明ですし、そもそも「上顎がん」である可能性も確かではありません。

ただ、以前にブログ KOKORO「ワセリン」で綴っていた言葉を引用させていただくと、「上顎がん」かな?と思えてしまうのです。

『酸素吸入器をつけてから粘膜の乾燥からか鼻の中に血の塊や、鼻水に血が混ざってしまうことが続いていまし鼻の中にワセリンを塗ってみると、とても潤って、敏感粘膜が喜んでいます。

ツンとする違和感もなくなりました。』

この文を読んだとき、私も乾燥が原因だと思っていました。

しかし、今思うと顎に転移したことによる鼻血だったのかもしれません。

 

これ以上は素人の私では分からないのですが、少なくとも顎転移が小林麻央さんの余命を短くしてしまっていることは間違いないでしょう。

顎の痛みで辛い思いをしている小林麻央さんですが、何よりも今は小林麻央さんの痛みが緩和することを願っています。

 

最後に・・・。

「上顎がん」について調べていた時、がんが後方に浸潤した場合の症状として、眼球突出・・・が書かれていました。

小林麻央さんはブログ KOKORO「顎」で自身の顔画像を掲載しているのですが、目の周りは以前よりも黒く、なんとなく眼球が突出しているように見えてしまったのです。

今まで、多くの小林麻央さんの顔画像を見ましたが、今回のブログ KOKORO「顎」の画像が一番辛そうに見えてしまいました。

光の加減・・・私の気のせいであることを願うばかりです・・・。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る