Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

羽田孜 現在 死因は脳梗塞が発端だったと思えるが、元総理大臣の老衰前の激やせで何か分かるだろうか?

大橋純子 食道がんステージⅠの余命や治療法などをまとめてみた!

羽田孜 元総理大臣が老衰のため死去されました。
82歳でこの世を去った羽田孜 元首相。
死因は老衰と言われていますが、死去する以前にテレビで見た時に、すごく激やせしていた記憶があります。
今回は羽田孜 元総理大臣が過去に闘った病気についてクローズアップしてみました。
死因は老衰・・・ですが、私は羽田さんが闘ってきた病気こそが本当の死因に思えるのですが・・・
スポンサーリンク



《羽田孜 元総理大臣 死因は脳梗塞がきっかけではないか?》

何度も言いますが、羽田孜 元総理大臣の死因は老衰です。
それに異論はないのですが、ただご存命の時の画像をご覧ください。
羽田孜 元首相死去!死因は脳梗塞が発端か老衰の前の激やせ闘病生活に注目してみた。選挙の時の写真ですが・・・お分かりですよね?
80歳のご老人でも元気な方もいらっしゃいますし、このような状態が普通ではないのです。

そしてこの写真をご覧いただきたいのは、羽田孜 元総理大臣の視線が違うところに向いています。
本来であれば、握手をしている政治家の方に目を合わせるのですが・・・。

実は羽田孜 元首相は脳梗塞を患ったことがあると言われています。
日常生活での障害を抱えたと言われており、話すことも難しい痴呆状態にあるという噂を聞いたこともあるのです。
これに関して2010年、森喜朗元首相が長野県信濃町で開かれた会合で、当時民主党の羽田孜元首相に関し「半身不随で動けない」と発言し問題視されたことがありました。
その話題を今更どうこう言うつもりはないのですが、脳梗塞で何かしらの障害が残ったのは事実ではないでしょうか?

痩せ方も普通ではないですし、何度も言いますが握手をした時の表情が・・・視線の向き方や表情が不自然に見えてしまうのです。
そんなことが気になってしまったのです。

そこで脳梗塞を調べました。
これは羽田孜 元総理大臣のことではないのですが、脳梗塞を患った方に多く脳血管性認知症が起こると言われています。
次の章で、その脳血管性認知症について簡単に書かせていただきます。
スポンサーリンク



《羽田孜 元総理大臣 死因は脳梗塞や脳血管性認知症か?》

自分でつけたタイトルですが、自ら否定させてください。
脳血管性認知症の症状は辛いものですが、それが死因にはなりません。
脳血管性認知症はその名の通り認知症なので、直接命を縮める病気ではないのです。

ちなみに、この脳血管性認知症とはこのようにして起こります。
脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳の血管の病気によって、脳の血管が詰まったりして脳内で出血します。
それにより、脳の細胞に酸素や栄養が送られなくなるため、細胞が壊れてしまい、本来細胞が担っていた機能を失うことによって認知症の症状が出るというものなのです。

なお、脳血管性認知症が起こる原因は大きく3つ考えられ・・・

・脳内の血管が詰まった時の脳梗塞によって

・脳内の血管が破ける脳出血が起こった時

・脳動脈瘤が脳内の血管にできて破れた、くも膜下出血の時

です。

どの病名も聞いたことがあると思いますが、恐ろし病気なわけです。

ちなみに羽田孜 元総理大臣が脳血管性認知症だったか否か??それは分かりません。
ただ、テレビでの様子を見たり、上記の画像で表情をみる限りでは脳血管性認知症の症状が出ていたのでは??と思えてしまいます。

 

元首相・・・。
望んだところで誰でもなれるわけではありません。
羽田孜 元総理大臣という、日本にとってとても貴重な人材をまた病気で失ってしまいました。
病気・・・いつか病気がなくなる世界は訪れるのでしょうか?
羽田孜 元総理大臣の死因は老衰と発表されていますが、ご本人が苦しまなかったことを願うだけです。

羽田孜 元総理大臣のご冥福、心よりお祈り申し上げます。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


ページ上部へ戻る