中村獅童 肺腺癌ステージ1Aで現在は良くても、油断大敵!再発の可能性が高いだけに、しっかりと予防をしてほしい!

  • 2017/8/31
  • 中村獅童 肺腺癌ステージ1Aで現在は良くても、油断大敵!再発の可能性が高いだけに、しっかりと予防をしてほしい! はコメントを受け付けていません。
中村獅童 肺腺癌ステージ1Aで現在は良くても、油断大敵!再発の可能性が高いだけに、しっかりと予防をしてほしい!

中村獅童さんの肺腺癌の手術が無事に成功し、2カ月の休養期間を終えた現在、元気に復活しました!

しかし油断はできません!

中村獅童さんが闘った肺腺癌ステージは1Aで現在は回復していたとしても、再発の可能性が高い肺がんであることには変わりないのです。

厳しいことを書いてしまいましたが、肺腺癌を侮ってはいけません!

今回は、現在 中村獅童さんが手術で乗り越えた肺腺癌ステージ1Aの手術の概要と、恐ろしい再発について書かせていただきます。

《中村獅童 肺腺癌ステージ1Aの手術の内容はどんなもの?》

中村獅童さんが5月18日に発表した衝撃の事実「肺腺癌初期ステージとの闘い」。

時期的にも、歌舞伎界の親友 市川海老蔵さんのお嫁さんの小林麻央さんが乳がんで闘病中だったため、聞いたときは余計にショックでした。

中村獅童さんは自身の肺腺癌のステージについてはコメントしていませんが、奇跡的な早期発見で初期の肺腺癌と発表したため、ネットなどではステージ1Aのように噂が広がったのです。

 

手術で見事に肺腺癌に勝利した中村獅童さん。

果たしてどのような手術をするのでしょうか?

肺の手術ですから・・・分かるようで・・・分かりません。

ここで話を難しくしても仕方ないので、あくまでも簡単に図で説明します。

本当に簡単に説明すると、下記の図の肺葉を切除する手術・・・この切除手術が肺腺癌ステージ1Aで多く採用される手術方法です。

(引用元;http://katoclinic.info/)

中村獅童 肺腺癌ステージ1Aで現在は良くても、油断大敵!再発の可能性が高いだけに、しっかりと予防をしてほしい!どの肺葉を切除したかは、人によって異なるため分かりません。

ちなみにステージ1Aの場合は1枚、または2枚の肺葉を切除すると言われています。

中村獅童さんもこの手術を行ったと思われます。
スポンサーリンク



《中村獅童の肺腺癌!ステージ1Aでも再発は恐ろしい!》

手術の方法を書かせていただきましたが、肺腺癌ステージ1の5年後の生存率は82%ほどと言われています。

そして、ある情報によるとステージ1Aの患者さんの手術が成功すると、生存率は100%に近いという情報もあります。

なぜ同じステージ1で、こうまで生存率が違うのでしょうか??

それは肺がんは再発が多い癌だからに他なりません。

 

肺腺癌の場合、再発には原発巣に再発がある局所再発と、離れた臓器で転移する遠隔再発があります。

局所再発と遠隔再発・・・どちらが怖いと思いますか?

個人的には遠隔再発ではないか?と思ってしまいます。

ちなみに、追い打ちをかけるようですが、肺癌の再発の中でも局所再発は約2割で、8割が遠隔再発と言われています。

 

『再発したら、また手術すればいいじゃん!』と思うかもしれませんが、肺がんの場合はそんなに単純は話ではありません。

肺は切っても、胃のように復元はせず切ったら切ったままなのです。

それに、肺癌に限らず、再発後の癌は進行が非常に早いのが特徴・・・。

再発で症状が出始めたら、すでに手遅れ・・・ということもあるのです。

 

非常に怖いことを書いてしまいましたが、中村獅童さんが手術をして克服した肺腺癌ステージ1Aですが、5年間は経過観察が必要と言えるでしょう。

中村獅童さんの復帰と回復は本当に本当に嬉しいですが、決して気は抜けないのです!
スポンサーリンク


《中村獅童の肺腺癌ステージ1Aの再発の可能性》

具体的な資料を発見することはできませんでした。

医学と薬が進歩しているので、再発の確立は減ってきているでしょう。

にも関わらず、大気汚染の環境問題から肺腺癌は増えているようですが・・・。

 

ちなみに、肺腺癌の再発の数字は不明でしたが、ステージ1~ステージ4のすべての肺がんで計算すると再発率は50%を超えるというデータを発見しました。

手術をしても・・・治ったと思っても半数以上の人が再発すようです。

肺腺癌・・・本当に怖い病気です。

 

《中村獅童 肺腺癌ステージが再発で悪化しないように予防を!》

体調も回復し、素敵な笑顔でファンの前に現れた中村獅童さん。

愛する奥様も幸せいっぱいだと思います。

今回は非常に怖いことを書いてしまいましたが、それも中村獅童さんを心配してのことです。

 

大気汚染が激しい現代社会で生きる以上、完全なる肺腺癌の予防は不可能でしょう。

しかし、自分で行える予防もあるのです。

それは禁煙と定期検診の実施です。

現に、中村獅童さんは定期検診で初期ステージの肺腺癌を発見しました。

もし発見していなかったら・・・と思うと、ゾッとしますね。

 

肺腺癌は他の肺がんと比べると、喫煙との因果関係は低いと言われていますが、それでも吸っていない人に比べると2~2.5倍発症率は上がるのです。

大気汚染を一人の力でなくすのはできませんが、禁煙と定期検診ならできますよね?

これからも、できる限りの予防を行い、中村獅童さんがいつまでも素敵な歌舞伎を見せてくれることを願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク


コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る