渡瀬マキ 子宮頸がん再発!?機能性発声障害と同時の再発か?不安の声が浮上!

渡瀬マキ 子宮頸がん再発!?機能性発声障害と同時の再発か?不安の声が浮上!

渡瀬マキさん(LINDBERG)が機能性発声障害を告白し、ネットで話題になりました。

機能性発声障害の症状や原因を調べるために、渡瀬マキさんを調べたとき、なんと「子宮頸がん 再発」という気になるキーワードを発見したのです。

機能性発声障害だけでなく、渡瀬マキさんは子宮頸がんの再発も同時に患ってしまったのでしょうか?

今回は渡瀬マキさん(LINDBERG)の子宮頸がん再発に関して、書かせていただきたいと思います。

渡瀬マキ 子宮頸がん再発の噂の真相は?

渡瀬マキ 子宮頸がん再発!?機能性発声障害と同時の再発か?不安の声が浮上!

機能性発声障害という聞きなれない病気で、ヤフートップニュースを飾った渡瀬マキさん。

そんな彼女をヤフーで検索すると、「子宮頸がん再発」というキーワードが浮上しますが、結論から言うと『渡瀬マキさんの子宮頸がんは再発などしていません!』

確かにLINDBERGのメンバーと結婚し、1999年の妊娠時に初期の子宮頸がんは発見されました。

しかし初期の子宮頸がんだったため、手術で癌細胞を摘出し、治ったのです。

癌の場合は「完治」という言葉は安易に使うことはできませんが、あれから20年経っても再発していないので、渡瀬マキさんの子宮頸がんに関しては、もう大丈夫!と思っていいのではないでしょうか?

しかし、渡瀬マキさん(LINDBERG)を襲った病気はそれだけではなかったのです。

2013年に頸椎椎間板ヘルニアを患い、歌うことができないほどの痛みを闘いました。

そして、それが良くなったと思ったら、今度は機能性発声障害・・・

「一難去ってまた一難」という言葉がありますが、渡瀬マキさんに襲い掛かった病は、まさにその言葉が妥当なのかもしれません。
<スポンサーリンク>


渡瀬マキ 子宮頸がん再発と機能性発声障害の関係は?

渡瀬マキ 子宮頸がん再発!?機能性発声障害と同時の再発か?不安の声が浮上!

4月11日現在、渡瀬マキさんが機能性発声障害を告白し、休養中であることが話題になりました。

機能性発声障害の詳細は別記事で書いていますが、簡単に言うと何かしらの原因で、声がかすれたり、声が出なくなるという病気です。

 

そこで気になるのが、渡瀬マキさんの機能性発声障害と子宮頸がんの関連性ですが・・・。

子宮頸がんがウィルスによる病気ある一方、機能性発声障害は心因的な原因になることが多いと言われています。

つまり、子宮頸がんと機能性発声障害は関係がありませんので、機能性発声障害が生じたから子宮頸がん が再発した!ということにはならないのです。

 

今は機能性発声障害で苦しんでいる渡瀬マキさんですが、家族の支えと前向きな気持ちで、ぜひ音楽活動を復帰してほしいですね。

ただし・・・。

古村比呂さんのように子宮頸がんが再発する可能性も決して0%ではありません。

頸椎椎間板ヘルニアだって、痛みが再発することがあるのです。

家族のためにも、そしてファンのためにも、今は自分の体を大切にしてほしいと願っています。

いつの日か、あの歌声が聞こえますように・・・。
スポンサーリンク


ページ上部へ戻る