小林麻央 ブログ kokoroで余命4月と悪液質の可能性に関し噂が浮上しているが、果たして本当なのであろうか?

ハギワラマサヒトの肝硬変、腎不全、食道静脈瘤など!彼が患った病気を解説してみる!

小林麻央さんが4月24日に最新のブログ KOKORO「ひとつクリア!」を更新し、新たな噂が浮上!話題になっています。

ブログ KOKOROで告白した輸血と点滴、炎症と抗生剤・・・いままで本文で出てきたことがない言葉でした。

今回は4月25日になった現在も、消えることがない「小林麻央 余命 4月」という言葉と、新たに浮上した悪液質の噂の信憑性についてまとめさせていただきます。

小林麻央 ブログ KOKOROで浮上した悪液質の可能性を激やせ写真で分析!

 

聞いたことがあるようで、よく分からない悪液質・・・。

ただ、意味は分からなくても、テレビを見る方であれば悪液質状態の末期がん患者さんの姿は必ずご覧になられているはずです。

今でこそガン闘病者として小林麻央さんが注目されていますが、少し前までは女優の川島なお美さん、俳優の今井雅之さんが注目されていました。

ちょうどその時期、テレビやネットのニュースサイトでお二人がお亡くなりになる直前の激やせ状態をご覧になられているはずです。

今の若い方はテレビを見ない人が多いですが、ヤフートップニュースで掲載されたはずなので、テレビを見なくてもスマホをいじる方であれば、お二人の死目前の激やせ状態はご存知のはずなのです!!

末期がん患者が亡くなる前に激やせする状態・・・それが悪液質なのです。

 

悪液質・・・名前の響きからして、いい雰囲気はありませんが、それもそのはず!

悪液質は末期がん患者の多くが死を目前にした激やせ状態のことで、栄養をとっても改善することができないほど筋肉量が減少し、進行性に機能障害が重なることによって、栄養不足と代謝異常でタンパクとエネルギーが喪失してしまう飢餓状態を意味します。

少し難しい表現になってしまいましたが、亡くなる直前の川島なお美さんや今井雅之さんの姿を思い出していただければイメージがつくと思います。

悪液質状態になると、回復が難しく極限まで筋力が衰え、体重が極限まで減少し激やせ状態になります。

筋力の衰えはすさまじく、食べ物を噛んだ飲み込む力も歩くことさえも難しくなり、ベッドから起き上がる力さえもなくなってしまうのです。

そして最終的には呼吸する筋肉もなくなり、最期を迎える人が多いのです。

 

さて、悪液質の説明をご覧になられて、どう思われたのでしょうか?

小林麻央さんが先日のブログ KOKOROで「10歩歩くのもやっと」と告白しました。

そして、先日のブログ KOKORO「入院」で公開した顔写真は、ブログ読者の皆さんを安心させるために見せたと思われますが、広がった噂は「激やせ」という検索だったのです。

小林麻央 ブログ kokoroで余命4月と悪液質の可能性に関し噂が浮上しているが、果たして本当なのであろうか?2

「10歩歩くのもやっと」と激やせ写真・・・ここまで見ると、悪液質状態の可能性が浮上してきてしまいます。

 

果たして小林麻央さんは本当に悪液質なのでしょうか?

次に、最新のブログ KOKOROで綴られた輸血と点滴、炎症と抗生剤というキーワードから、悪液質の噂について分析してみます。

スポンサーリンク


小林麻央 ブログ KOKOROで浮上した悪液質の可能性を輸血で分析!

 

読者数が200万人もいることから、すでに小林麻央さんが更新したブログ KOKORO「ひとつクリア!」の原文をお読みになられた方も多いと思います。

ベッドに横たわる小林麻央さんの写真も話題になりましたが、今回に関しては小林麻央さんが輸血したり、炎症に苦しんでいることが話題になりました。

小林麻央 ブログ kokoroで余命4月と悪液質の可能性に関し噂が浮上しているが、果たして本当なのであろうか?3

それでは、まずは輸血に関して考えてみます!

輸血ということは、出血や貧血が原因となるわけですが、そもそも乳がんは出血する病気です。

抗がん剤治療によって骨髄の造血機能が副作用を受けたり、同じく副作用で血小板が減少することがあり、止血することができずに出血しつづける場合もあれば、他にも女性の性器から出血したり、乳頭から血性分泌物が出てくることがあるのです。

気分を害する可能性があるので写真の掲載は自粛しますが、当事者からすれば痛みというより、生活の質を下げてしまい、出血が続くと貧血状態になってしまいます。

健康体の人が貧血気味になっても休んだりすれば良くなりますが、小林麻央さんの場合のように末期がんの場合、そうはいきません。

貧血状態が続くと、酸素を運ぶ血液が減ることにもなるので、結果的に肺機能が低下した状態と同じような酸素供給不足の状態になり・・・もうお分かりでしょう。

なので、自宅マンションで貧血気味だったと判断した医師が真っ先に輸血を判断したのではないでしょうか?

肺転移で吐血する人もいるそうですが、小林麻央さんの場合は分かりません。

ただ、輸血したことによって少しでも症状が改善したのであれば、安心です。

 

前置きが長くなってしまいましたが、輸血と悪液質の関係性ですが、直接はないと思います。

ただ、輸血が必要なほど癌が進行している状態となると、悪液質が予想できてしまうことは悲しいですが・・・。

スポンサーリンク


小林麻央 ブログ KOKOROで浮上した悪液質の可能性を炎症で分析!

 

輸血をしたら退院する予定だった小林麻央さん・・・。

身体の中の炎症を抑えるための抗生剤投与のため、退院は延期せざるを得なかったようです。

 

さて、ここで小林麻央さんが告白した炎症ですが、炎症している場所は体内の組織だと思われます。

意外と思われるかもしれませんが、人の体は損傷を受けた際に炎症反応によって回復します。

人の体は本当にすごいんですね!

しかし、その人の体のすばらしさをガン細胞は悪用するわけです!!

損傷を受けた際に、炎症をして回復しようとする体の特徴を利用し、その炎症を通じてガン細胞を増やそうとするんですね。

 

小林麻央さんは炎症を抑えるために抗生剤を投与しているわけですが、炎症を放っておくとどうなるのでしょうか?

炎症が拡大すると、まずは食欲が低下し、全身の代謝機能が衰えて栄養の利用効率も悪化してしまうい、激やせします。

それだけではありません!!

がん細胞が生体の筋肉組織を分解して、自らのエネルギーや栄養源として細工してしまうのです。

炎症が続くと、体が必要とする栄養をガン細胞が全て吸収してしまい、体は肝心な栄養を得ることができず・・・結果!!体重減少がもたらされ、筋肉組織の崩壊が進行し、QOLの低下する・・・まさに負のスパイラルが始まってしまうのです。

 

体重減少と筋肉組織崩壊の言葉をご覧になって、お気づきになられた方もいるのではないでしょうか?

そうです!!炎症を引き起こす物質を大量に放出する状態こそが「がん悪液質型」と呼ばれており、その症状こそが悪液質状態なのです。

 

小林麻央さんがブログ KOKOROで何気なく書いた1文・・・炎症と抗生剤・・・。

その1文から、小林麻央さんが悪液質状態である可能性が高くなった・・・ということは間違いないと思います。

小林麻央 ブログ KOKOROで余命4月は確定してしまうのか?

 

今回は小林麻央さんに浮上している噂「悪液質」の可能性について調べてみました。

悪液質の場合、予後が悪く余命も長くはありません。

厳しいですが、それが過去のデータで出されている現実です。

 

しかし小林麻央さんに関しては余命4月とも思えず、家族の愛があれば4月を乗り越えて5月も一緒に過ごせると信じています。

いろいろ調べて、小林麻央さんが悪液質状態である可能性が高くなっていることは事実ですが、あくまでも過去のデータであり、小林麻央さんが悪液質状態というのも確定ではありません。

未来は誰にも分からず、医学は日々進歩しているのです!!

だから今は、小林麻央さんの努力、そして家族の愛が起こす奇跡を信じたいと思います。

小林麻央さんの余命が4月・・・私は絶対に信じません!!

 

小林麻央さんが回復しますように・・・。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントは利用できません。

オススメ記事

  1. 小林麻央 ブログ kokoro 最新「楽しみの入浴」で分かった現在の病状・・・在宅医療のサポートに安心した。
  2. 大谷直子 現在も死去の噂がいつの間にか広がる羽目に!その理由は悪性リンパ腫による激やせ?
  3. 小林麻央 死去 速報は嘘だと言ってくれ!死去を感じさせる市川海老蔵のブログが嘘だと信じたい・・・

ピックアップ記事

  1. 小林麻耶 ハワイで11月も目撃されてないのに、自らブログに掲載する疑問・・・

    市川海老蔵 ハワイのホテル2軒目の名前と場所特定!移動した島はマウイだった!

  2. 小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

    小林麻耶 ハワイは11月の旅行でも市川海老蔵と一緒だった・・・

  3. はしだのりひこ 死因は脳溢血?筋萎縮性側索硬化症(ALS)だと個人的には思うのだが・・・

    西郷輝彦 余命とステージに注目が集まる前立腺がん再発について!

ページ上部へ戻る